韓国漫画ネタバレ

影の皇妃【34話】最新話のネタバレと感想!

ピッコマで公開されている「影の皇妃」のネタバレと感想になります。

あらすじ」や「漫画や小説の先読み方法」はこちら!

←前回 今回 次回→
第33話 第34話 第35話

>全話ネタバレ一覧はこちら

「影の皇妃」の漫画は「ピッコマ」で公開されています。


【34話】ネタバレ

※韓国版を読んだものを簡単にまとめました。

エレナの変装

同行するというフューレルバードに、エレナはついてこなくていいと言う。

フューレルバードを説得し、メイと2人きりで中央図書館に来たエレナ。

中央図書館の記録室に入ると、そこにはたくさんの本が揃っており、肖像画が飾られていた。

エレナはこの間のお使いで買ってこさせた化粧道具やウィッグを用意させると、本を渡し自分の顔に化粧をするようお願いする。

化粧をし、ボブのウィッグを被り、最後に眼鏡をかけて完成。

メイはエレナの姿を見てまるで別人ですと言う。

そして、言いにくそうになぜ変装するのか尋ねると、エレナは騙すべき人がいると返答した。

1人2人じゃなく、大公家には見えない敵がたくさんいるのだと。

そう言うと、変装したエレナは1人で前夜祭に行くのであった。

人探し

外に出ても誰もエレナに気が付かない。

エレナは復讐を終えたら、本当の自由を手に入れることが出来ると思うのだった。

夜市に到着すると、アンが青年と一緒に楽しんでいるところに遭遇した。

あえて避けることはしなかった。アンを欺くことが出来きなければ、この変装ではダメだということ。

エレナはアンたちとすれ違い、彼女の目に映ったはずだがバレることはなかった。

変装に自身をつけたエレナは夜市に来た目的の、ある人を探し始めた。

たしかここにいたはず…

絵を描いている男性、ラファエル先生を見つけたのだった。

【34話】感想

無事変装して町に出たエレナですが、騙すべき人物とはいったい誰なのでしょうか。

敵はいっぱいいると言っていましたが、最後に登場した絵を描いているラファエル先生はどういう立ち位置の人物なのかも気になりますね。

←前回 今回 次回→
第33話 第34話 第35話

>全話ネタバレ一覧はこちら

 

-韓国漫画ネタバレ