韓国漫画ネタバレ

影の皇妃【13話】最新話のネタバレと感想!

 

ピッコマで公開されている「影の皇妃」のネタバレと感想になります。

あらすじ」や「漫画や小説の先読み方法」はこちら!

←前回 今回 次回→
第12話 第13話 第14話

>全話ネタバレ一覧はこちら

「影の皇妃」の漫画は「ピッコマ」で公開されています。


【13話】ネタバレ

最も愛した男

クラディオス・デ・シアン。

エレナがこの世で最も愛した男であり、そしてエレナをこの世で最も憎んだ男でもある。

彼は一時の過ちでエレナと子供を作ってしまったことを酷く後悔していた。

皇帝と大公は政治の志が異なり対立していた。

フランツェ大公とリアブリックは権力を手にしようと、皇后を毒殺。

嫡子の皇太子が生まれるのを未然に防ぎ、皇妃だったエレナを皇后にしようとしたのだ。

だた前の人生ではそれが大公家の仕業とは知らなかったエレナ。

過去に戻った時に事件を振り返り、全ての真相を知ることとなった。

エレナは、何も知らずに彼をずっと恨んでたのに…と思った。

そしてまた、私があなたを愛することはもう二度とないでしょう、とも思うのだった。

危険な番犬

リストの最後に出てきたのはレン・バスタージュという男。

彼はバスタージュ家の後継者であり、公女の遠い親戚でもある。

彼の顔を見て、やっと出てきたわねレン、とエレナは思う。

レンはベロニカとは仲が悪く、危険な存在だから近づかないようにとリアブリックも忠告してくる。

それもそのはずで、バスタージュ家はフリードリヒ家に属していたが、それは絶対服従の関係であり、いわゆる番犬であった。

そのため大公家はバスタージュを蔑んでいたが、そんな彼らの虚栄心は主の首を狙うこの世で最も危険な番犬を生み出した。

それがレンである。

レンはエレナの前の人生で、彼女のことをベロニカではない偽物だと見抜いていたのだ。

そしてそれに付けこみ、公爵家の秘密を暴くためにエレナを利用した。

彼女はなぜ偽物だとバレたのか、いまだに分かっておらず疑問に思っているのだった。

そしてリアブリックはリストをエレナに渡し、明日までに全部覚えてくるように指示する。

そして最後に、2日後には大公家へ向かうと言うのだった。

【13話】感想

だんだんと登場人物が多くなってきましたね。

エレナが最も愛し、そして最も憎まれたという男に、エレナを偽物だと見抜いた男。

それぞれがどういう人物なのか、エレナに味方になってくれるような人はいるのか、気になります。

←前回 今回 次回→
第12話 第13話 第14話

>全話ネタバレ一覧はこちら

「影の皇妃」の漫画は「ピッコマ」で公開されています。

 

-韓国漫画ネタバレ

Copyright © ハンタメ , 2020 All Rights Reserved.