韓国漫画ネタバレ

影の皇妃【12話】最新話のネタバレと感想!

 

ピッコマで公開されている「影の皇妃」のネタバレと感想になります。

あらすじ」や「漫画や小説の先読み方法」はこちら!

←前回 今回 次回→
第11話 第12話 第13話

>全話ネタバレ一覧はこちら

「影の皇妃」の漫画は「ピッコマ」で公開されています。


【12話】ネタバレ

エレナの完璧な計画

エレナがベロニカになるための本格的な教育が始まった。

振る舞いや言葉遣い、文化などをリアブリックが徹底的に教えてきた。

その内容は前の人生でも習っていることであり、エレナにとってはただ知っている内容を聞かされる時間である。

食事の時間までに完璧に覚えることと言ってリアブリックが部屋を出ると、疲れたふりをしていたエレナが目を見開き、行動を起こす。

棚から何冊もの本を取り出し、大公家を潰すための勉強を始めた。

もうすぐ帝国の芸術界は激変し、文化の復興期ルネサンスが来る。

その時代を先導できたならば、自分に有利な方向へ流れるであろうと考えていた。

大公家に内部分裂を引き起こし、弱みを握って、外部からの資金源を断つ。

エレナは何百回、何千回と練りに練った完璧な計画を立てていたのだ。

社交界のリスト

食事の時間、エレナの食べる姿を見てリアブリックは彼女を褒めた。

なかなかさまになっていると。それと同時にたった3週間でここまで完璧に習得するとは、そこまで馬鹿ではないようねと思うのだった。

食事を終え、2人は書斎に向かう。

次は帝国の社交界で活動している皇族と中央貴族のリストを丸暗記するというのだ。

顔、名前、家門、家族関係など、いつばったり出会っても対処できるようにと。

これも当然エレナにとってはすでに知っている内容であるが、怪しまれないように中々覚えられないふりをする。

そしてリストを見ていると出てきた人物、クラディオス・デ・シアン。

彼は将来帝国の皇位を継承する皇太子である。

その人物を見てエレナは目を見開くのだった。

【12話】感想

芸術界を先導し大公家を内部分裂させるなど、エレナには壮大な計画があるのですね。エレナが相当策士に思えてきました。笑

最後にエレナが目を見開いたクラディオス・デ・シアンという人物ですが、前の人物で何か関りがあったのでしょうか。気になるところです。

←前回 今回 次回→
第11話 第12話 第13話

>全話ネタバレ一覧はこちら

「影の皇妃」の漫画は「ピッコマ」で公開されています。

 

-韓国漫画ネタバレ

Copyright © ハンタメ , 2020 All Rights Reserved.