韓国漫画ネタバレ

【ネタバレ16話】ジャンル、変えさせて頂きます!の最新話のネタバレと感想!最終話の結末まで更新

ピッコマで公開されている「ジャンル、変えさせて頂きます!」のネタバレと感想になります。

あらすじ」や「漫画や小説の先読み方法」や「みんなの感想・レビュー」はこちら!

←前回 今回 次回→
第15話 第16話 第17話

>全話ネタバレ一覧はこちら

「ジャンル、変えさせて頂きます!」の漫画は「ピッコマ」で公開されています。

【16話】ネタバレ

出迎え

汽車を降りたリューディガーたちを出迎えてくれたのは、ヴィンターバルト家馬小屋管理人のハンスという男。

彼はルカの顔を見ると、ヨナス様の子供のころにそっくりです!と言ってキラキラした目で見ている。

ルカは、初めまして…と素っ気ない態度ながら最低限の挨拶をした。

そのハンスという男は、小説を読んだユディットの記憶にはない。脇役までいちいち覚えていないし…と彼女は思うのだった。

それからユディットにも話しかけてくるハンス。

彼女は第一印象が大事だと思い、ルカの母ユディット・マイバウムと申しますと言ってニコッと微笑むのだった。

城に到着

それからヴィンターバルト公爵領のヴィンターバルト城に到着した。

門を通り、敷地内に入るユディットたち。

彼女はリューディガーの横顔をまじまじと見て、今更だけどヴィンターバルトという名に相応しい人ねと思った。

すると、私の顔に何かついていますか?と見つめられていることを気にするリューディガー。

カッコいいので見惚れちゃって…とユディットが冗談を言うと、彼は驚いた表情でのけぞる。

やはり彼は冗談が通じないタイプのようだ。

この屋敷内には冗談が通じない相手はリューディガーだけではないはず。そう考えていたユディットの前に現われたのが、彼の母ソフィア・ヴィンターバルト公爵夫人だった。

この城に君臨し、貴族の手本のような考え方を持つ人物。まさに冗談が通じないであろう相手である。

ソフィアと対面すると、その威圧感からユディットはゾッとする。

彼女はヨナスの実母ヴァネッサ王女のメイドであり、そしてリューディガーの実母でもある。ヴァネッサ王女亡きあと、次期公爵夫人として選ばれたのが王女を最も近くで支えていた彼女だ。

政治的な結婚ではあったが、公爵は思いのほかソフィアに尽くし愛した。それはヴァネッサ王女の死が公爵の策略ではないかと噂されるほどである。

そして早速、ユディットたちは公爵夫妻と食事をすることになるのだった。

公爵夫妻との食事

公爵夫妻たちにとってユディットは突然湧いて出た嫁といったところだろうか。

ソフィアは実の息子であるリューディガーよりも、ヴァネッサ王女にそっくりなヨナスを大事にしていた。そんなヨナスの息子がルカであり、彼を利用して公爵家に踏み入ろうとしたと思われても仕方ない状況である。

緊張で手汗がびっしょりのユディットだが、食事の場ではまさかの事態に遭遇した。

公爵のマクシミリアン、公爵夫人のソフィア、そしてリューディガー、ユディット、ルカの5人の食事だ。

取り調べのように問い詰められる覚悟をしていたユディットだが、ソフィアが想像もしていなかったほど優しく接してくれる。

1人で子供を育てるなんて簡単なことではなかったでしょうに…と言って優しく微笑んでくるのだ。

本当はルカの母親などではないユディットだが、罪悪感を感じながらも嘘をつきとおす。

そして、どうしてこんなに優しいの!?と思いユディットは激しく動揺する。

リューディガーに目くばせすると、彼も戸惑った表情で首を横に振っているではないか。

こんな人じゃなかったでしょう…!?とユディットはソフィアの態度にただただ戸惑っているのだった。

【16話】感想

ソフィアがただただ不気味です…。リューディガーやルカみたいに小説でのキャラクターからちょっと違うのかなとも思いましたが、実の息子のリューディガーも困惑しているということは、いつもと違うということなのでしょうね。

普段は厳しいのにユディットの前では優しく振舞っているのですかね。一体どういうつもりなのでしょうか。

これから始まるヴィンターバルト城での生活ですが、なんだかいきなり先行き不安ですね。笑

←前回 今回 次回→
第15話 第16話 第17話

>全話ネタバレ一覧はこちら

-韓国漫画ネタバレ