韓国漫画ネタバレ

【ネタバレ9話】ガラスの温室の公爵夫人の最新話のネタバレと感想!最終話の結末まで更新

ピッコマで公開されている「ガラスの温室の公爵夫人」のネタバレと感想になります。

あらすじ」や「漫画や小説の先読み方法」や「みんなの感想・レビュー」はこちら!

←前回 今回 次回→
第8話 第9話 第10話

>全話ネタバレ一覧はこちら

「ガラスの温室の公爵夫人」の漫画は「ピッコマ」で公開されています。

【9話】ネタバレ

地下通路

床下に地下通路が現れると、一緒に来ていたセドリック卿とロンパニュー伯爵だけで見てくると言う。

お腹にいるエルが心配なレイナは彼らにお願いをしようとするが、精霊ウンディーネによるとそのエルが地下に降りたがっているのだと言う。

エルの意志を尊重したレイナは、ロンパニュー伯爵に魔法で降ろしてくれるようにお願いをした。彼は風魔法が使えるのだ。

彼の魔法によりレイナが地下に降りると、そこには牢屋にいれられたたくさんの子供たちがいた。どうやらこの中の誰かが魔法を使って、レイナたちを呼び寄せたのだと言う。

魔力を感知してみて行きついたのは、黒髪の1人の男の子のところであった。彼の魔力はとても強く、だからエルも反応したのだと言うウンディーネ。

脱水症状を起こしている男の子にウンディーネの力で水をあげると、意識を取り戻した。そして、学校にまだ生存者がいるのだと言う。

ポトラン男爵にこの地下の子供たちの救助をお願いすると、半分の部隊を引き連れてレイナは学校に向かうのであった。

精霊との契約

学校に到着すると、建物の中にはたくさんの子供たちがいた。

レイナがさきほどのように消火をお願いをするが、今回の消化は自分の力だけではどうにもならなず、レイナと契約をすれば可能だと答えるウンディーネ。

自分の子供のエルのことは心配だが、多くの子供たちを助けてあげたいと思うレイナ。

ウンディーネと契約することを選ぶと、彼女の力を使って学校の大規模な消火を行った。

たくさんの人が助けられほっとするレイナ。

気が抜けたのかよろめいてしまうと、そこにはいないはずのエドハールが抱き止めてくれた。

レイナの意識が遠くなっていく中、あなたは今回も…とエドハールは呟くのであった。

【9話】感想

地下通路で助けてあげた魔力の強い男の子。彼はこれから大事なキーパーソンになりそうです。

結局、精霊ウンディーネとの契約をして消火に成功したレイナでしたが、最後にエドハールの言った言葉の意図が気になります。

←前回 今回 次回→
第8話 第9話 第10話

>全話ネタバレ一覧はこちら

-韓国漫画ネタバレ