韓国漫画ネタバレ

【ネタバレ50話】不細工の公女になりましたの最新話のネタバレと感想!最終話の結末まで更新

ピッコマで公開されている「不細工の公女になりました」のネタバレと感想になります。

あらすじ」や「漫画や小説の先読み方法」や「みんなの感想・レビュー」はこちら!

←前回 今回 次回→
第49話 第50話 第51話

>全話ネタバレ一覧はこちら

「不細工の公女になりました」の漫画は「ピッコマ」で公開されています。

【50話】ネタバレ

※韓国版を読んだものを簡単にまとめました。

ケードリックの怒り

狩猟大会が開始される前、ある参加者がシルビアのことを侮辱していた。チェフ男爵という男だ。

彼はシルビアのいないところで、どうせ狩猟大会の参加は男を誘うことが目的なんだろうなどと言っている。太っていた体型がいきなり痩せたから肉が垂れているんじゃないかとも。

そんなことを口にしているチェフ男爵に対し、何を言っているんだ?と話しかけるケードリック。

私の妹に何て言ったんだ!と彼は憤った様子で声を荒らげるのだった。

そんな騒動の話が近くにいたシルビアの耳にも入る。チェフ男爵が彼女のことを馬鹿にして、それに怒ったケードリックといざこざになっていると。

その話を知ったシルビアは険しい表情になり、すぐに2人の元へ向かおうとするが、彼女の腕をガシッと掴んで引き留める者が。

ガブリエル・エルダーファーであった。シルビアが弓矢を買った店で遭遇した人物だ。ガブリエル…?とシルビアは驚く。

彼女はその騒動について、お兄さんに任せておいたほうがいいとシルビアに助言する。もしシルビアが前に出たら見せ物になるだけだからと。

ガブリエルは結構強く引き留めてきたが、それでも私が行かなければいけませんから!とシルビアは強い意思でケードリックたちの元へ向かうのだった。

本人登場

妹のことで突然怒ったケードリックに、チェフ男爵は戸惑った。

今までケードリックは妹に興味が無かったはずなのに、なぜ急にこんなに敏感に反応するんだと。

彼がそんなことを思っていると、そこにはシルビア本人が現れる。

シルビアもまた怒りをにじませた表情をしており、自分に対して言っていた陰口を今ここでもう一度言ってみろと要求する。

チェフ男爵が動揺して何も言えずにいると、本人の前では何も言えないくせに情けない…とシルビアは吐き捨てるように言った。

彼女はチェフ男爵に謝罪するチャンスを与えると言うが、逆に彼のほうが突然怒り出す。

自分は事実を言っただけだと。偉そうな兄の後ろに隠れて何もできないくせにとも。

しかしシルビアは毅然とした態度のまま。そして謝罪のチャンスを無駄にしたようだから決闘を申し込むと言う。

その言葉に周囲の者たちはざわついた。

もし彼がその決闘の申し込みを断ってしまったら、自分より若い女性との決闘を恐れて逃げた臆病者扱いされることになる。

チェフ男爵は顔を赤くして動揺し、たじろいでいる彼の姿に周囲からはクスクスと笑い声が聞こえてくる。

結局彼は追い詰められ、シルビアからの決闘の申し込みを受けることにするのだった。

そして決闘の内容はチェフ男爵の提案により、今回の狩猟大会でより多くの獲物を獲ってきた者が勝者ということに。

この内容なら怖気づいて彼女が決闘を辞退するだろうとチェフ男爵は考えたようだが、シルビアは自信満々にその条件を受け入れるのだった。

突然兄らしく

チェフ男爵との決闘が決まった後、ケードリックはシルビアに決闘を止めるように忠告してくる。魔物に襲われて怪我をしたら大変だと。

そんなことを言ってくる兄に対し、シルビアは声を荒らげた。

今まで私が何を侮辱されても黙っていたくせに!今さらお兄さん面でもしようというのですか!と

それともただ家門が侮辱されることが嫌なのですか!とシルビアが強い口調で言い返すと、ケードリックはたじろいだ様子で何も言い返せない。

ただとにかく決闘だけはやめろと言うのだ。

いくらチェフ男爵が大したことないとはいえ、狩り未経験のシルビアよりは獲物を獲るだろうから勝負には勝てないと考えているようだ。

しかしシルビアの意思は固く、結局兄の忠告を聞くことはなかった。

最後に立ち去るシルビアは、それでも怒ってくれてありがとう…と一言言い残す。

その言葉にケードリックは複雑な表情を浮かべているのだった。

エイリンからのプレゼント

狩猟大会が始まる直前。

シルビアの元には妹のエイリンがやって来て、これを受け取ってほしいと言ってハンカチを渡してくる。

どうやらシルビアの勝利と安全を祈ってエイリンが自分で縫ったものなのだと。

父と兄ケードリックにも1枚ずつ渡しているようで、姉シルビアのためにも作ってくれたようだ。

それを受け取ったシルビアは笑顔でエイリンにお礼を言うと、姉が喜んでくれて彼女も嬉しそうだ。

そしていよいよ狩猟大会が始まる。

参加者の皆さんは位置について…とアナウンスがあり、じゃあ行きましょうか!シルピードさん!と言ってシルビアは気合を入れる。

シルピードもまた彼女の後ろで気合十分な表情を浮かべているのだった。

【50話】感想

狩猟大会に参加するチェフ男爵という人物がシルビアのことを侮辱していたようです。本人の前ではたじろいでしまうあたり、シルビアの言う通り本当に情けない奴ですね。

結局その男とは決闘で勝負することになりました。シルピードがいれば負けるわけがない!笑

またシルビアが侮辱されたことに対してケードリックはかなり怒りを露わにしていましたね。これまでの兄妹関係からすると信じがたい事ですが、やはりシルビアが変わったことで彼の心情も変わったのでしょうか。

突然お兄さん面されてシルビアも納得いかない様子でしたが、それでも最後に一言ありがとうと言っていました。自分のために皆の前で怒ってくれたことは嬉しかったのかもしれません。

いずれ兄妹関係が改善されればいいですが…。まずは狩猟大会がどうなるかに注目ですかね。

←前回 今回 次回→
第49話 第50話 第51話

>全話ネタバレ一覧はこちら

-韓国漫画ネタバレ