韓国漫画ネタバレ

【ネタバレ43話】暴君を手懐けて逃げてしまったの最新話のネタバレと感想!最終話の結末まで更新

ピッコマで公開されている「暴君を手懐けて逃げてしまった」のネタバレと感想になります。

あらすじ」や「漫画や小説の先読み方法」や「みんなの感想・レビュー」はこちら!

←前回 今回 次回→
第42話 第43話 第44話

>全話ネタバレ一覧はこちら

「暴君を手懐けて逃げてしまった」の漫画は「ピッコマ」で公開されています。

【43話】ネタバレ

※韓国版を読んだものを簡単にまとめました。

ローナン家の立場

ディランとシャーリーズの反逆が成功してから、世間ではローナン家への見方が明確に変わった。

ローナン家はシャーリーズの機嫌を取らなければいけない立場だと。

そんなローナン家では、ローナン大公と息子のアカン、ダンテが3人集まって話し合いをしていた。

どうやってシャーリーズに許しを乞えばよいかと話すダンテだが、父は少し違う可能性について考えていた。

もし反逆が失敗していた場合、シャーリーズは反逆罪に問われることになっていたが、除籍申請書のおかげでローナン家は罰を受けずに済んだだろうと。

つまりシャーリーズが除籍申請書を送ってきた理由は、ローナン家を存続させるためだったのではないかという考え方である。

しかしアカンとダンテはそのようには解釈し難いようだ。

そして特にダンテはこれまでシャーリーズを蔑ろにしてきたことを後悔し、全て手遅れだと感じているのだった。

ディランと飲んだ翌日

ディランとお酒を飲んだ次の日。

シャーリーズは昨夜の彼とのエヒリトゲームのことを思い返していた。

そのゲームで彼が自分のことを愛しているのだとシャーリーズは確信し、それはおそらく彼の母である第7后妃の葬式の後だろうと思った。

ディランが自分に想いを寄せているとなったら、その感情に合わせて計画を変更しなければならない。ただしその計画はディランにとっては良いものではないだろう。

シャーリーズは一人そのように考えていた。

そんな彼女のもとに侍女のメリーがやって来て、皇帝宮に居所を移す準備が終わったと報告してくる。皇帝宮はシャーリーズが前世で魔剣キーラとして400年間過ごした場所だ。

彼女のために用意されたのはライラックルーム。皇帝宮で最も安全で内密となっている部屋だ。

それは本来皇帝であるディランが使うべき部屋だが、彼の意向でシャーリーズに割り当てられたのである。

そして彼女はその部屋にピアノを持ってくるようにとメリーに指示するのだった。

実戦に近い訓練

その日の剣術の授業の時間。

シャーリーズはいつもと違う練習をしようと言う。

より実戦に近い訓練ができるよう、剣の刃に毒を塗っているのだと。お互いに命を奪う覚悟で戦おうと言うのだ。

そんなシャーリーズの言葉にディランは動揺する。愛する人に毒が塗られた刃を向けるなどためらうのは当然だ。

ディランはシャーリーズに試されているのだと感じ、愛していることをバレてはいけないと思いながら戦うが、どうしても集中できない。

結局あっさりとシャーリーズに剣を突き付けられてしまい勝負ありとなった。

実戦だったら殺られていましたよとシャーリーズは言うが、ディランはどうしても彼女のことを傷つけたくないし、捨てられたくもないのだ。

そんな彼の様子を見てか、しばらく休んでから授業を再開しようとシャーリーズは言うのだった。

【43話】感想

ローナン家の家族会議のシーンはこれまで何度かあったと思いますが、いつもシャーリーズに関する話で重たい雰囲気な気がします。

この感じだと、彼らはシャーリーズを蔑ろにしたことをずっと後悔し続けるのかもしれませんね。

それからシャーリーズとディランはより実戦に近い剣術の訓練をしましたが、彼女を傷つけたくないディランは困ってましたね。これもまたシャーリーズの作戦でしょうか。

ディランからの好意も含めて計画を立てるシャーリーズと、好きであることをバレないようにしたいディラン。

これから心理的な駆け引きが見られそうで楽しみです。

←前回 今回 次回→
第42話 第43話 第44話

>全話ネタバレ一覧はこちら

-韓国漫画ネタバレ