韓国漫画ネタバレ

【ネタバレ32話】悪女を殺しての最新話のネタバレと感想!最終話の結末まで更新

ピッコマで公開されている「悪女を殺して」のネタバレと感想になります。

「あらすじ」「漫画や小説の先読み方法」「みんなの感想・レビュー」はこちら!

←前回 今回 次回→
第31話 第32話 第33話

>全話ネタバレ一覧はこちら

「悪女を殺して」の漫画は「ピッコマ」で公開されています。

【32話】ネタバレ

※韓国版を読んだものを簡単にまとめました。

メテウスの話

メテウス神官は予言の内容をハッキリと覚えていると言う。

3月9日の夜に生まれた子供が狂った龍に剣を刺さなければならない。すると、すべては理屈通り帰ってくると。

その後、メテウス神官は唯一信託を受けたとして大神官になったと言う。

そして、その後自分が聞いたのが信託ではなかった事実を悟った時に、地位を手放すことができずに告白することができなかったのだと。

卑怯であったと自分を責めるメテウス神官。

エリスは考え込むと、龍がエリスのように自ら死ぬことができなかったから、予言を捏造してイアソンに殺させたのだと悟ったエリス。

龍と自分の運命を重ねると、エリスは吐き気を催し、外に出て行ってしまうのであった。

メデイアの話

エリスを追いかけて来たアナキン。

そして、2人は魔女メデイアと話をするために森の中に入って行く。

人気のないところまで来ると、鏡を通してメデイアに話しかけるエリス。

メデイアは狂龍はエリスと同じく異邦人であったことを明かした。龍に憑依した異邦人は最初こそ自分の人生に満足していたが、のちのち彼は狂っていってしまったのだと。

そして、狂龍になった彼は魔女に出会い、自分を殺して欲しいのだと頼んだ。

魔女キルケは狂龍と取引をすると、直接殺せない代わりに死ぬ方法を教えてあげると言った。魔女キルケはもうすぐ龍を殺す運命を持った勇士が生まれるから、その龍の運命を奪うように助言した。

そして、勇士が狂龍を殺した日。

あるかわいそうな龍は元々自分のものであった死を失ってしまった。

死を失った龍は絶望し、どうすれば自分の運命を取り返せるか考えた。そして、自分の心臓をいけにえに世界の因果律を破ることにした。

そして、ちょうどその時。元のエリスは自分の死を望み、エンマは彼女の願いが叶うように祈っているのであった。

【32話】感想

とても難しい内容でよくわからなかったので、また日本語が出たら修正したいと思います。

元々の死ぬ運命だった龍は狂龍に死ぬ運命を奪われて、今度こそ自分が死ぬために世界の因果律を破ることにした。そして、それが元のエリスの死につながった?ということなのでしょうか。

←前回 今回 次回→
第31話 第32話 第33話

>全話ネタバレ一覧はこちら

-韓国漫画ネタバレ