韓国漫画ネタバレ

【31話】余命わずかの脇役令嬢のネタバレを含む感想と考察!

ピッコマで公開されている「余命わずかの脇役令嬢」の感想と考察になります。

あらすじ」や「漫画や小説の先読み方法」や「みんなの感想・レビュー」はこちら!

←前回 今回 次回→
第30話 第31話 第32話

>全話まとめ一覧はこちら

「余命わずかの脇役令嬢」の漫画は「ピッコマ」で公開されています。

【31話】感想と考察(一部ネタバレを含む)

管理人が作品を読んだ感想と考察になります。

フェリオールの演奏の力で

前回カリナは彼女が創造したドアを通じて、フェリオールと共にレオポルド伯爵邸に入り込んでいました。

目的は父レオポルド伯爵宛てに置手紙をしていくこと。

邸宅内には使用人が歩き回っているわけですが、フェリオールはフルートを取り出し、その音色で全ての人たちを眠らせてしまうという。

フェリオールの演奏には癒し効果があるという話だったので、一瞬で眠気を誘って眠りに落としてしまうわけですね。

カリナの創造したドアで侵入できてしまうのも凄いですが、フェリオールの能力もまた中々凄い。

結局カリナは本当に手紙を置くだけ置いて、誰とも話をすることなく帰ってしまいました。

普通の家族だったら久しぶりの再会を喜ぶのが当たり前でしょうけど、カリナの場合は家族から冷たく扱われていましたからね…。

レオポルド伯爵家の中に会いたい人物なんているはずがないです。

ちなみに使用人たちの話によると、カリナが出て行ってから邸宅内の雰囲気が重苦しいのだとか。

もしかしたら両親が中々帰ってこないカリナに苛立ったりしているのですかね?とりあえずアベリアは姉カリナの不在を相変わらず悲しんでいるみたいではありますが。

カリナが居なくなったことは、少なからず家族に影響を与えたようですね。

別れを告げる置手紙

カリナは無事に置手紙を残し、父レオポルド伯爵がその手紙を見つけて読むことに。

ちなみに一時的に屋敷の者たちが全員寝落ちしてしまったことについては、謎の現象として扱われていました。

まあフェリオールの奇跡の力によるものだなんて、誰も知る由もないでしょう。

置手紙の内容は、カリナが病気にかかったこと、そしてもうレオポルド伯爵家には戻ってこないということが書かれていました。

父がそれを読んでいるところで今回の話は終わりましたが、果たして次回どんな反応を見せるのですかね?

きっと彼からしたら、勝手に出て行ってわがままな娘だという感じなのかもしれません。もう戻らないと主張するカリナに対して怒り出しそうな予感がしますね。

ちなみに手紙を読み始めたとき、レオポルド伯爵は差出人が誰なのか分かっていないようでした。

普通自分の娘だったら筆跡で分かりそうなものですけどね…。カリナに無関心過ぎて彼女の文字を見たこともないのかもしれません。

彼がどんな反応を見せるのか気になるところです。

←前回 今回 次回→
第30話 第31話 第32話

>全話まとめ一覧はこちら

-韓国漫画ネタバレ