韓国漫画の感想考察(※ネタバレあり)

【81話】優しいあなたを守る方法のネタバレを含む感想と考察!

ピッコマで公開されている「優しいあなたを守る方法」の感想と考察になります。

あらすじ 」や「 漫画や小説の先読み方法 」や「 みんなの感想・レビュー 」はこちら!

←前回 今回 次回→
第80話 第81話 第82話

>全話まとめ一覧はこちら

「優しいあなたを守る方法」の漫画は「ピッコマ」で公開されています。

【81話】感想と考察(一部ネタバレを含む)

管理人が作品を読んだ感想と考察になります。

リヒル卿

皇帝の前に姿を現したのはヨゼフィーナの息子であるリヒル卿。

彼は騒ぎを聞きつけて助けにやって来たと言いますが、彼に結界石が壊れたという事実を知られたくない皇帝はその場を取り繕うのでした。

ここに来てヨゼフィーナの息子が登場です!!レティシャの兄弟ということになりますね!

そういえば1話でレティシャの兄がちらっと登場したことがありましたが、それがおそらくリヒル卿なのでしょう。

1話によるとヨゼフィーナのレティシャへの暴力を見て見ぬふりをしていたようですから、レティシャとの関係は良くはないでしょうね…。

美形でイケメンですが、どこか闇を抱えていて狡猾そうない印象を受けました。

倒れているレティシャ

一方、庭園で倒れているレティシャを見つけた団長のユリアたち。レティシャの心臓が動いていないことに気が付くと騒ぎになります。

しかし、王太后マノがやって来てレティシャの姿を確認すると、彼女は大丈夫だと言うのでした。

レティシャは魂が抜けた状態ですから、見つけた公国の人たちはそれは驚いたことでしょう。

王太后マノは事態をわかっているようで良かったです。ディトリアンの耳に入るのも時間の問題ですが、王太后マノが大丈夫だと言っても心配で仕方がないでしょうね…。

出会った2人

帝国の新宮で魔物たちが暴れている様子を部屋から傍観しているカリスト皇子とその姉。

神官が魔物に襲われそうになった時、魔物は急に何かに怯えるかのように急変します。

そして、そこに現れたのは女神官のエリナの姿をしたレティシャ。彼女を見てエリナではないと直感したカリスト皇子はレティシャを追いかけると、ついに落ち合う2人。

カリスト皇子がレティシャに触れると、苦痛だったヨゼフィーナの新聖力が抜けていき、痛みがなくなっていく。

彼はやっと自分の魂を救ってくれる人に会うことができたと思うのでした。

ついにレティシャとカリスト皇子が出会うことができました!言葉には出していませんが、彼はもうエリナの姿をしたレティシャなのだと気付いていますね。

盟約の痛みがなくなっていったカリスト皇子ですが、今まで自分が探し求めていたのはレティシャだったのだというような切ない表情を浮かべていました。やっと盟約の痛みから解放されそうで良かったです。

焦るヨゼフィーナ

一方、魔物たちが勝手に暴れ出して苛立ちを見せるヨゼフィーナ。

魔物たちを統制できないということは、ヨゼフィーナの聖女の力が弱っていることを意味します。

焦るヨゼフィーナはアフィンに収拾させようと、カイラスに治療させようと思いつきます。

しかし、その時。アフィンが死んだという衝撃的な報告を受けるのでした。

魔物たちは自分の言うことを聞かないし、自分が死ぬという不吉な神託もちらつくはで、ヨゼフィーナは心中穏やかではないでしょう。

そんな中、アフィンが死んだという報告はヨゼフィーナに大ダメージを与えたでしょうね。

作中の絵だとアフィンが牢獄で死んでいましたが、これはレティシャが何らかの力で作り出した偽物の死体ということなのでしょうか。

実際のアフィンは牢獄から抜け出していますしね…。どういうからくりなのか気になるところです!

←前回 今回 次回→
第80話 第81話 第82話

>全話まとめ一覧はこちら

-韓国漫画の感想考察(※ネタバレあり)