韓国漫画ネタバレ

【6話】私を溺愛する2番手男キャラを育てましたのネタバレを含む感想と考察!

ピッコマで公開されている「私を溺愛する2番手男キャラを育てました」の感想と考察になります。

あらすじ」や「漫画や小説の先読み方法」や「みんなの感想・レビュー」はこちら!

←前回 今回 次回→
第5話 第6話 第7話

>全話まとめ一覧はこちら

「私を溺愛する2番手男キャラを育てました」の漫画は「ピッコマ」で公開されています。

【6話】感想と考察(一部ネタバレを含む)

管理人が作品を読んだ感想と考察になります。

デイヴの判断は

今回魔法使いのデイヴがレイノードの魔法の才能を判別してくれることに。

彼の才能を見抜いてくれるか少し心配でしたが、しっかりと才能ありと判断してくれました。

むしろその才能を知るや否や、アカデミーに入学させるよりも自らの弟子にしたいと主張するほど。

やはりレイノードはとんでもない魔法の才能を持っているようですね。

ちなみにデイヴがアカデミーへの推薦状を書いてくれて、しかも入学までは彼が指導してくれることに。

才能があるか疑っていた父も、デイヴの言葉を受けてしっかりとレイノードのことを認めてくれました。

結構あっさり物事が進みましたね。今のところユリナの計画は順調そのものでしょう!

王子の登場

ラストのシーンで王子が登場しました!

黒髪で金色の瞳の男の子。

表紙の左からレイノード、ユリナなので、おそらく一番右の人物が王子なのでしょう。

王子の初登場の印象は、何となく傲慢で偉そうな感じがしてしまいます。発言や振る舞い方的に謙虚さとかはなさそうな気が…。

彼がどんな人物なのか気になるところ。

そしてプロローグでも少しユリナとのやり取りが描かれていましたが、今後ユリナとどのように関わってくるのか楽しみですね。

←前回 今回 次回→
第5話 第6話 第7話

>全話まとめ一覧はこちら

-韓国漫画ネタバレ