韓国漫画ネタバレ

【ネタバレ34話】私が娘ですか?の最新話のネタバレと感想!最終話の結末まで更新

ピッコマで公開されている「私が娘ですか?」のネタバレと感想になります。

「あらすじ」「漫画や小説の先読み方法」はこちら!

←前回 今回 次回→
第33話 第34話 第35話

>全話ネタバレ一覧はこちら

「私が娘ですか?」の漫画は「ピッコマ」で公開されています。


【34話】ネタバレ

※韓国版を読んだものを簡単にまとめました。

父親と信じた人との出会い

ザカリー伯爵邸の敷地内を走り回っているヘイリンは、見覚えのある納屋を見つけた。

それは前の人生で18歳まで閉じ込められていた場所である。

そこでの記憶は、体中に傷を負った状態で倒れていたところから始まる。

名前を呼ばれて目が覚めると、目の前にいたのは自分のことをお父さんと名乗る男。ザカリー伯爵である。

それが彼女の父親と信じた人との初めての出会いだった。

初対面のアドリアン

ある日のこと。

ヘイリンが外に出たいですとザカリー伯爵に言うと、彼はそれはダメだと言ってきた。

その時は彼が自分のことを心配していて愛しているからこそ、外に出てはいけないと言っていると思っていた。

それからザカリー伯爵が彼女のいる納屋にやって来る機会が減って来たが、それでも彼の言う通り大きくなったら外に出ることが出来ると信じていた。

それから何日も経ち彼女が独りぼっちで気を落としていた頃、誰かが納屋に入って来る音が。

お父さんかと思い喜んで駆け寄ると、入って来たのは同じ年齢くらいの女の子。アドリアンである。

そのときヘイリンはまだ彼女のことを知らず、初対面であった。

同い年くらいだと思って喜んで駆け寄ると、彼女は突然ヘイリンのことを押し倒して暴力を振るってくる。

お父さん…と言ってヘイリンが涙を流すと、その言葉にアドリアンは激昂した。

お前のお父さんではなく、私のお父さんだ!私のお父さんを奪うな!

そう言ってひたすら暴力を振るわれるのだった。

狂った人

同い年くらいの子に暴力を振るわれるという突然の出来事にショックを受けたヘイリン。

また納屋に一人きりになった彼女は恐ろしいほどの寂しさに襲われた。

その翌日、ザカリー伯爵が納屋にやって来ると、ヘイリンは駆け寄って昨日の出来事について話した。

突然知らない子に殴られたこと。すごく痛かったこと。

そのことを話したら慰めてくれると思っていたが、彼の反応は期待していた者とは違った。

誰がこんなに怪我をしろと言った!?誰が勝手に怪我しろって言ったんだよ!!

まるでヘイリンが悪いかのように、ザカリー伯爵が怒鳴りつけてくる。

その時にヘイリンは分かったのだ。その人は父親ではなく、ただの”狂った人”であるということを。

ヘイリンの決心

納屋の前で当時のことを思い出して、馬鹿だったな…と思うヘイリン。

そういえば何で急に火事になったんだろう?ザカリー伯爵、夫人、アドリアンの誰かが火を放ったのだろうか?

よりによって18歳になったあの時に?なぜ?

そんな疑問がふと湧き上がってくるが、とにかくここに戻らないために脱出しなければと決心するのだった。

そんなことを考えていると、彼女の元に伯爵夫人がやって来る。

なぜ何も言わずにいなくなるの!?と彼女はヘイリンに怒鳴りつけてくるのだった。

【34話】感想

ヘイリンは7歳より前の記憶はないってこれまでの話で言っていましたね。記憶があるのはザカリー伯爵の家で目覚めたときからなのでしょうか。

当時のアドリアンが登場しましたが、やっぱり性格の悪い奴ですね。いつかヘイリンに仕返ししてほしいです。

外を歩き回っているところを伯爵夫人に見つかってしまいましたが、彼女の運命は如何に!?続きが気になりますね。

←前回 今回 次回→
第33話 第34話 第35話

>全話ネタバレ一覧はこちら

-韓国漫画ネタバレ