韓国漫画ネタバレ

【ネタバレ46話】転生したら推しの母になりましたの最新話のネタバレと感想!最終話の結末まで更新

ピッコマで公開されている「転生したら推しの母になりました」のネタバレと感想になります。

「あらすじ」「漫画や小説の先読み方法」はこちら!

←前回 今回 次回→
第45話 第46話 第47話

>全話ネタバレ一覧はこちら

「転生したら推しの母になりました」の漫画は「ピッコマ」で公開されています。


【46話】ネタバレ

※韓国版を読んだものを簡単にまとめました。

ミハイルの目的

闇属性の精神支配について説明をするアイシャ。提唱者が死んでもかけた洗脳は残ってしまうのだと言う。

ハデスはミハイルの目的について気になった。

すると、アイシャは彼が何を考えているかはわからないが、確かなのは唯一の権力者になりたいとかそういう単純な計画ではないと思うと言う。

そして、不幸中の幸いなのはミハイルが最終解放を行えるようになるまで、10年以上の時間があることだと明かした。

その話を聞いて驚いたハデスの表情を見て、ハッとするアイシャ。

闇属性の異能に加えて、まるで未来を知っているかのような話をしてしまったのだ。

アイシャは前世について話したいことがあると言い、自分がなぜそんなことを知っているか説明をしようとするが、今は必要ないと言うハデス。

そして、説明しようとするアイシャの口を手でふさぐと、言った言葉をそのまま信じるから今は聞きたくないと。

私がミハイルとのラブストーリーを話すと思っているのではないかと頭をよぎるアイシャは、前世でミハイルと会ったことはないとハッキリ言う。それどころかミハイル以外の男とすら何もなかったと話すと、ハデスは嬉しそうな表情を見せた。

ハデスはミハイルがここに留まっている間に行動に移さないといけないと立ち上がると、アイシャには安全であるこの部屋に1人でいるように指示をした。

ハデスと一緒にいた方が安全だとアイシャは言うが、ハデスは1人になって少し考えたいことがあるのだと言う。ミハイルに指一本触らせることはしないと言うと、ハデスは部屋を出て行くのであった。

そして、部下にミハイルや神官たちがいる部屋同様に、アイシャの部屋もたくさんの護衛を置くように指示をするのであった。

ジェヌスの言葉

ハデスが自分の部屋に戻ってくると、そこにアベルがやって来た。

彼はファルネリー公邸の本ホールで何かあったと聞きつけ、アイシャのことを心配してやって来たのだった。

彼女に何かあったのですか?と聞くアベルに、オビトゥスで君を連れていた女性を覚えている?とハデスは聞いた。君の面倒を見てくれていたこと以外に特別なことはなかったかと。

アベルはその女性についてわかることは少なく、確かなのは彼女と出会ってから魔物たちがよく出てくるようになり、何度か自分を守ってくれたのだと答えた。そして、彼女の名前はジェヌスであると。

急にジェヌスについて聞かれ不思議に思うアベル。なんで急にそんなことを聞いたんですか?と聞くが、ハデスは考え込んでしまった。

"オビトゥス" は魔物が急に現れるようになった廃墟の土地であり、ハデスがアベルに初めてあった場所であった。

そして、アベルを連れていたジェヌスに、こんなことをハデスは言われていた。

いつかアベルの元に「前世を覚えていると言う者」が現れたらその場で殺して欲しい。なぜなら、その者はアベルを殺す運命にあるからと。

そして、「前世を覚えている者たち」はこの世界で例外なく、龍神ガイオニアに呪われた闇属性の能力者だと言うのであった。

【46話】感想

46話でシーズン1が終了となります。

今回新たに出てきた人物「ジェヌス」はいったい何者なのでしょうか。彼女の話だと、前世を覚えている者=闇属性の能力者なのでアイシャが闇属性ということになります。そんな話をされていたハデスは混乱しつつも、アイシャのことを信じてくれているのでしょうか?

また、ミハイルも目的も不明なままですが、恋人であるアベラと関わりがあるのでしょうか?彼は小説上だと闇属性の最終解放「精神支配」を利用すれば世界を征服することも可能でしたが、それはしなかったようですし。。ミハイルが悪者と決めつけるのはまだ早いかもしれません。

これらの謎がシーズン2で明かされていくのが、今から楽しみです!!

←前回 今回 次回→
第45話 第46話 第47話

>全話ネタバレ一覧はこちら

 

-韓国漫画ネタバレ