韓国漫画ネタバレ

【ネタバレ43話】転生したら推しの母になりましたの最新話のネタバレと感想!最終話の結末まで更新

ピッコマで公開されている「転生したら推しの母になりました」のネタバレと感想になります。

「あらすじ」「漫画や小説の先読み方法」はこちら!

←前回 今回 次回→
第42話 第43話 第44話

>全話ネタバレ一覧はこちら

「転生したら推しの母になりました」の漫画は「ピッコマ」で公開されています。


【43話】ネタバレ

※韓国版を読んだものを簡単にまとめました。

ミハイルの変化

ミハイルは顔をあげると、残す言葉はありませんから、私の命を奪ってくださいとハデスに言うと、今ちょうど魔力を注いでいるところだよとハデスは怒りの表情を見せた。

ミハイルはさきほどのアイシャの力が聖女として覚醒した証明だと言う。だから、アイシャのことは神殿に連れて行く…と言いかけると、彼女を見たミハイルは急に言葉を詰まらせた。

そして、考えてみたら私があまりにも無礼に急ぎすぎましたね、アイシャが神殿に入るのは自由に決める問題なので、皇室に陳情書をいれるのは少し先延ばしにすると話した。

そして、アイシャが心からハデスを愛し幸せでいたらこれ以上望むことはありませんと言うのであった。

ミハイルが神殿に戻って行くと、部屋には静けさが訪れた。

許せない嘘

部屋に残るアイシャとハデス。アイシャはさきほどの自分の行動を気にしていた。ミハイルを庇った上に、無効化の異能を使った。

しかし、あれはけして私の意志ではなかった。聖女アベラの意識が自分の中に共存しているとしか思えないのだ。

ハデスはアイシャに近づくと話しかけた。

目の前で大神官が死ぬことを黙って見ていられなかったから、私の攻撃を阻んだことは納得できる。そして、「無効化」の異能を使えることを黙っていたのも、当惑するが理解はできる。

アイシャはそれを否定すると、自分の意志でそうしたのではないし、隠していたわけでもなく誤解なのだと言う。

しかし、ハデスは話を続けた。自分に嘘をついていたことで腑に落ちないことがあると。

それはアイシャと初対面であるはずのミハイルが、彼女に愛の告白をしたこと。彼は古代語である「Ergo teherr amo (君を愛している)」の意味を知っていたのだ。

殿下!それは…と言うが、ハデスは聞く耳を持たずにすっと立ち上がった。

アイシャはガクッと肩を落とした。

客観的に見ても神殿と密接な関係にあり、ましてや嘘までついていると疑いのある私はこの上なく怪しい女である。

彼は最初から意図も不明な私を受け入れてくれ、薬が切れた時も命がけで助けてくれ、心から好きになってみると言ってくれた。

彼の信頼に応えるためにも、私はちゃんとハベスに話さないといけないと心に誓うのであった。

【43話】感想

すぐに神殿に連れて行こうとしていたミハイルが意見を変えたのは、どんな心境の変化があったのでしょうか。

アイシャの行動に戸惑う点は多い中、ハデスが1番気にしているのはアイシャとミハイルの関係。初対面であるはずのミハイルが彼女にいきなり愛の言葉をささやいたら、それは不快な気持ちにもなりますよね。

アイシャのことを信じられなくなっているかと思いますが、次回ハデスにわかってもらえるのでしょうか。

←前回 今回 次回→
第42話 第43話 第44話

>全話ネタバレ一覧はこちら

-韓国漫画ネタバレ