韓国漫画ネタバレ

【ネタバレ34話】転生したら推しの母になりましたの最新話のネタバレと感想!最終話の結末まで更新

ピッコマで公開されている「転生したら推しの母になりました」のネタバレと感想になります。

「あらすじ」「漫画や小説の先読み方法」はこちら!

←前回 今回 次回→
第33話 第34話 第35話

>全話ネタバレ一覧はこちら

「転生したら推しの母になりました」の漫画は「ピッコマ」で公開されています。


【34話】ネタバレ

※韓国版を読んだものを簡単にまとめました。

力の発揮

アベルに会うことが出来て喜ぶアイシャ。彼の屈託の無い笑顔を見てうれしくなった。

彼はアイシャのために庭で花を摘んだのだと言うと、花束のプレゼントを手渡した。

ふと彼の手に目をやると指から血が出ており、花を摘んだ際に傷つけてしまったようだ。

心配したアイシャが彼の手をとると、突如光が放たれた。そして、指の傷が治っていくのであった。

「吸収」に成功するとアイシャとアベルは喜んだ。

しかし、ハデスは1人不満そうな顔をしている。さきほど自分の指の時は成功しなかったからだ。

アイシャはさっとハデスの指を治療すると、今度は上手く行った。

さきほどの治療の時は、誠実さが足りなかったのでは?と言うハデス。

すっかり拗ねてしまったハデスは神殿を調べてくると言うと、席を立ちあがった。

もしかして拗ねてしまったんですか?とアイシャが尋ねると、彼はそんなことないと必死に否定をした。

そして、本当に拗ねていないと言うと、部屋を出て行くのであった。

伝書鳥

エスクリフ男爵が部屋で頭を抱えていると、窓を叩く音がした。

窓を開けると1羽の黒い鳥がやって来ていた。

エスクリフ男爵が鳥の足に手紙を括りつけると、その鳥は去っていくのであった。

【34話】感想

←前回 今回 次回→
第33話 第34話 第35話

>全話ネタバレ一覧はこちら

-韓国漫画ネタバレ