韓国漫画ネタバレ

【ネタバレ8話】全ては勘違いだったの最新話のネタバレと感想!最終話の結末まで更新

ピッコマで公開されている「全ては勘違いだった」のネタバレと感想になります。

「あらすじ」「漫画や小説の先読み方法」「みんなの感想・レビュー」はこちら!

←前回 今回 次回→
第7話 第8話 第9話

>全話ネタバレ一覧はこちら

「全ては勘違いだった」の漫画は「ピッコマ」で公開されています。

【8話】ネタバレ

アリスからの手紙

ドルーアはアーロン以外にもアリスにも手紙を出していた。ノクターン主催のお茶会に参加するかどうかの確認のためである。

しかしアリスからは手紙が返ってきていない。

メイドのサディが伝えてきたところによると、どうやらアリスはエルンハルトに療養に行ったのだという。

エルンハルトとはアリスがリモランド家の令嬢だと知らなかったときに住んでいた領地である。

アリスの子供時代の話は公には知られておらず、別荘で療養していたが元気になったため首都に戻って来たということにされている。

しかし実際はモメント男爵が管理するエルンハルトで育ったのだ。それを知るのはリモランド公爵家とモメント男爵とドルーアだけである。

なぜアリスが今突然そんなところに行ったのかとドルーアは疑問に感じた。

またサディは、アリスからドルーアに返すというショールを預かっていると言い、手渡してくる。

確かにショールを貸してたわねと思いドルーアがそれを受け取ると、中には折り畳まれた紙が入っていた。

その紙を開くと、「絶対お茶会に行かないで」と書いている。それは間違いなくアリスの書いた文字であった。

エルンハルトへ

エルンハルトに向かう馬車の中にはアリスが乗っていた。

彼女はノクターンのお茶会から逃げるために育った町へ帰っているのである。

そして彼女は馬車の中で幼い時のことを思い出していた。

アリスが初めてドルーアに会った時の話。

当時、外を歩いていたアリスに向かって、馬車が走って来た。危うく轢かれそうになったアリス。

そしてその馬車の中から出てきたのがドルーアである。

それはアリスが3日前に夢で見た光景であり、当時のアリスもすでに予知夢を見るようになっていた。

またアリスはその時、ドルーアが彼女が幸せになるための希望の光であるとはっきり感じた。

それがドルーアとアリスの初めての出会いである。

そんな昔のことをアリスが思い出している中、馬車が目的地に到着する。

馬車を降りた彼女は、かつらと帽子をかぶり、人の思考を紛らわす魔法のペンダントまでつけていた。

これで誰も彼女の正体に気づかないはずである。

ノクターンのお茶会から逃げるために遠くに来る必要があったわけだが、それでもあえて嫌いだったエルンハルトを選んだ理由。

会いたい…エド…と彼女は思うのだった。

アーロンへの伝達

お茶会には絶対に行かないようにというアリスからの手紙を読んで、ドルーアはアーロンの元を訪れた。

突然自分を訪ねてきたドルーアに彼は驚く。

そしてドルーアは用件を端的に話した。とにかくお茶会には行かないようにと。アリスのことなどを話すわけにはいかず、詳しい説明は省略した。

どういうことなのか疑問に感じるアーロンだが、とにかくノクターンに気を付けるようにと言うドルーアの言葉を信じ、彼はその話を受け入れるのだった。

用件だけ話し終えて帰ろうとするドルーアをアーロンが呼び止める。

美味しい料理が出来たから付き合ってもらえないかと彼は微笑みかけた。

えっ?今2人で食事しようって?とドルーアは戸惑うのだった。

【8話】感想

絶対にお茶会には行かないようにと手紙で伝えてきたアリス。予知夢で何かを見たのでしょうか。彼女が何を知っているのか気になります。

そしてドルーアはアーロンにもお茶会に行かないようにと伝えました。

当日まで不参加の返事をしないようにということですが、主催者的には当日まで待って不参加の連絡来たら激怒しそうですけどね…。笑

今回の対応でノクターンがどういう反応を示すのか、ちょっと恐ろしいです。

←前回 今回 次回→
第7話 第8話 第9話

>全話ネタバレ一覧はこちら

-韓国漫画ネタバレ