韓国漫画ネタバレ

【ネタバレ30話】ロクサナ〜悪女がヒロインの兄を守る方法の最新話のネタバレと感想!

ピッコマで公開されている「ロクサナ〜悪女がヒロインの兄を守る方法〜」のネタバレと感想になります。

あらすじ」や「漫画や小説の先読み方法」はこちら!

←前回 今回 次回→
第29話 第30話 第31話

>全話ネタバレ一覧はこちら

「ロクサナ〜悪女がヒロインの兄を守る方法〜」の漫画は「ピッコマ」で公開されています。


【30話】ネタバレ

 

ウィグドラシルの地

" ウィグドラシル "は大陸中央にある非武装中立地帯であり、和合会が年に1度行われる場所である。

参加する一族は、赤のガストロ、青のペデリアン、黄のベルティウム、白のフィペリオン、黒のアグリチェ。

この5家の親睦を図るため行われるのであった。

ロクサナはラントとジェレミーと一緒にそれに出席するため、馬車で向かっていた。

本当はデオンも出席する予定であったが、彼は他の用事で来るのが遅くなるという。

キーン

馬車が魔法陣を踏むと、ロクサナとジェレミーは何かを感じ取った。

今年が和合会に初参加のジェレミーに、魔法陣によるものだと説明するロクサナ。

今から500年前、白のフィペリオンのある者が魔獣との共感能力を利用しウィグドラシルを混乱に招いたことがあった。その後、ウィグドラシル全体に巨大な魔法陣が刻まれることになったのだ。

実際に去年ロクサナが毒蝶を操ろうとした時も、魔法陣の影響によりなかなかうまくいかなかった。

しかし、魔法陣にも盲点がある。

ウィグドラシルの地を踏む前に、召喚してしまえば連れ込めるということ。

もちろん他の能力は封印されてしまうが、情報伝達の役目で使うことは可能だ。よって、ここから3日間毒蝶はラントの耳となり密偵の役割を果たす。それと同時に、ロクサナはこの3年間密かにラントを監視することも続けるつもりなのであった。

人形術

屋敷に到着したロクサナは、ひとまず部屋にいることに。

窓の外を見ると、到着した黄のベルティウムの者とそれを迎えるラントの姿がある。

小説「奈落の花」によると、ラントは黄のベルティウムの能力である人形術に関心を持っていた。

人形術は本当に生きている人のように、人形に命を吹き込む。

おそらくラントは、恐怖や苦痛も感じない強力な兵器が欲しかったのだろう。

しかし、ベルティウムの当主であるノエルはラントを利用するだけ利用し、シルビアと手を組みアグリチェを倒すのであった。

めったに顔を見せないノエルはおそらく今年も和合会には参加しないと思われ、このままいけば私の計画を妨げることにはならないだろう。

ジェレミーの気になる人物

最終日しか参加しないというロクサナに、姉さんがいないとつまらないというジェレミー。

さっき他の参加者に会ってみたが、みんなたいしたことなかったのだと言う。

しかし、そんな彼も1人気になる人物がいた。それは黄のベルティウムの当主のノエルであり、彼はロクサナやジェレミーと同年代である。

オレンジ色で緑の瞳のかわいい容姿の男性なのだが、さきほど到着した馬車の様子を見ると今年もやはり参加しないようであった。

部屋の外にはロクサナの噂をする人たちの姿が。彼らはロクサナを一目見ようとうろついていたが、彼女にとっては煩わしかった。

ジェレミーにそれとなく指示して、彼らを片付けさせるのだった。

【30話】感想

アグリチェとペデリアン以外に3つの一族が続々と登場してきましたね。

これまで名前くらいしか出てこなかったので、これからそれぞれの一族がどのように物語に関わってくるのか楽しみです。

←前回 今回 次回→
第29 第30話 第31話

>全話ネタバレ一覧はこちら

-韓国漫画ネタバレ