韓国漫画ネタバレ

【ネタバレ30話】もうこれ以上愛さないの最新話のネタバレと感想!最終話の結末まで更新

ピッコマで公開されている「もうこれ以上愛さない」のネタバレと感想になります。

あらすじ」や「漫画や小説の先読み方法」はこちら!

←前回 今回 次回→
第29話 第30話 第31話

>全話ネタバレ一覧はこちら

「もうこれ以上愛さない」の漫画は「ピッコマ」で公開されています。


【30話】ネタバレ

※韓国版を読んだものを簡単にまとめました。

挙式

皇帝ベルトランから名を授かり、ネバエの現在の名前は「ネバエ・エルミオン・ベルトラン」になっている。

エルミオンとは古代語で "輝く者" という意味。太陽国であるティエリーで "光" を名前をつけること自体が、皇帝ベルトランの愛情を示していた。

挙式が始まるため、扉の前で入場の待機をするネバエ。

扉が開くと、たくさんの人が見守る中、ネバエはアーレントのところまで歩いて行く。

アーレントの隣に着くと、彼はこそっとよろしくねと言い、にこりと笑った。

皇帝ベルトランが誓いの言葉を述べると、アーレントは彼女の指に指輪をはめた。

そして、「不変の誓いを忘れないように」と皇帝ベルトランが言うと、ネバエはこそっとよろしくお願いしますとアーレントに言った。

彼はネバエを抱きよせると、額にキスをした。そして、この式場にあなたと2人きりならいいのにと囁いた。

ネバエはちらっと、参列しているソレーヌ侯爵の方を見た。

疲れているから言った言葉なんだと、納得するネバエ。

そして、私もですと囁き返すと、アーレントはドキドキが止まらないのであった。

解放

挙式が無事終わり、外に出るネバエとアーレント。

たくさんの人が待っており、歓声が上がった。

皆に嘲笑われ、家族や婚約者にまで無視され、ティエリーの社交界の恥と言われた。

「ネバエ・エルミオン・ティエリー・ヨアヒム」

最初の名前は偽悪、2番目は偽善、3番目には昼。4番目には夜という意味がある。

誰も私より栄光で卑賎な道を歩くことはできなかっただろう。

馬車に乗り込む際、アーレントは気分はどう?と聞いた。

ネバエは彼のことをやはり優しい人だと思った。

そして、まぁいいですねと言うと、ネバエは笑顔を見せるのであった。

【30話】感想

←前回 今回 次回→
第29話 第30話 第31話

>全話ネタバレ一覧はこちら

 

-韓国漫画ネタバレ