韓国漫画ネタバレ

【24話】リリエンの処世術のネタバレを含む感想と考察!

ピッコマで公開されている「リリエンの処世術」の感想と考察になります。

あらすじ」や「漫画や小説の先読み方法」や「みんなの感想・レビュー」はこちら!

←前回 今回 次回→
第23話 第24話 第25話

>全話まとめ一覧はこちら

「リリエンの処世術」の漫画は「ピッコマ」で公開されています。

【24話】感想と考察(一部ネタバレを含む)

管理人が作品を読んだ感想と考察になります。

リリエンへの執着

自由を尊重して欲しくないと言うダミアン。浮気を一切しないと証明するために、もししたら財産の半分を渡すことを婚前契約書に付け加えると言い出します。

どうやら、リリエンが暴力を振るわないだとか、浮気しても私生児を作らないとか結婚相手に対して最低限の条件しか求めていなかったことを気にしていたようです。

なので、自分がいかに条件のいい夫なのかを彼女に証明したかったのですね。笑

リリエンが帰ると、彼女を連れ去って閉じ込めておきたいと考えを巡らせるダミアン。さっきまでニコニコ笑顔だったのに、そんなこと考えちゃうダミアンがヤンデレすぎて。。笑

レイチェル・ウッドからの招待状

お忍びでダミアンの部屋に行っていたことがバレると、兄セドリックの部屋に連れて行かれるリリエン。

すると、セドリックからレイチェル・ウッドから大和議期間にある皇室主催のパーティーの招待状が届いたことを理由に、ダミアンとの結婚を考え直すようにと告げられます。

レイチェル・ウッドは皇帝クロードの最側近の策士であり、愛人ですから、当然リリエンたちの敵対する人物になります。そんな彼女から招待状が届いたということは、リリエンは彼女の標的になってしまったのです。

彼らの狙いはマテオ皇太子派を崩壊させるためにリリエンを殺して、ダミアンとの結婚を壊すこと。

ちなみにダミアンとリリエンの政略結婚はマリアンの父ブランチェット公から漏れた模様。父子揃ってろくなことしないですね(怒)

セドリックはリリエンを守るために政略結婚の解消を説得しますが、それを断るリリエン。

リリエンは小説の結末がマテオ皇太子が皇帝になることを知っており、彼らのことを裏切るのは危険だと感じているのです。

そういえば皇帝クロードは何度も話には出ていますが、未だに登場したことは1度もないですね。

彼は兄の前皇帝を殺し、その皇妃まで奪った上に、愛人の策士を側に置いているなんて、とんでもないクズ野郎そうです。

リリエンはレイチェルに会うことになりそうですし、彼にも会う日も近いのではないのでしょうか。

←前回 今回 次回→
第23話 第24話 第25話

>全話まとめ一覧はこちら

-韓国漫画ネタバレ