韓国漫画ネタバレ

【ネタバレ41話】レディー生存の法則の最新話のネタバレと感想!最終話の結末まで更新

ピッコマで公開されている「レディー生存の法則」のネタバレと感想になります。

「あらすじ」「漫画や小説の先読み方法」「みんなの感想・レビュー」はこちら!

←前回 今回 次回→
第40話 第41話 第42話

>全話ネタバレ一覧はこちら

「レディー生存の法則」の漫画は「ピッコマ」で公開されています。

【41話】ネタバレ

※韓国版を読んだものを簡単にまとめました。

反対するウィンストン公爵

ついにアイバン・ミルドレッドという偽名がウィンストン公爵にバレてしまったルキーナ。

お互い秘密を守ることにしましたよね?と言うアイバンに変装するルキーナに、僕にとっては最初から悩む価値すらない取引だと答えるウィンストン公爵。

なぜなら、彼が秘密裏にオノール騎士団を後援しているのは皇帝の命令によるもので、その秘密を口外するということは皇帝に逆らうことになるからだと言う。

ウィンストン公爵は騎士以外の道をルキーナに勧めようとするが、納得しないルキーナ。自分の手で大切な人を守るためにも騎士になりたいのだと言う。

それでも説得を続けようとするウィンストン公爵に、三次試験で1位になれなかったら騎士になるのを諦めると話すルキーナ。

そして、以前ウィンストン公爵が自分の思うように進みなさいと励ましてくれた話を持ち出すと、自分の発言が騎士になるという後押しをしてしまったことにウィンストン公爵は頭を抱えた。

その話をしたことを後悔するウィンストン公爵を見たルキーナは、涙ぐんでしまうのであった。

失望

ルキーナとウィンストン公爵がもめていると、僕の親友に何か用か?と話に割り込む皇太子。

彼は悲しんでいるルキーナを見つけて、心配してやって来たのだ。

皇太子の顔を見てどこか見覚えがあるウィンストン公爵。

ルキーナは彼に詰め寄る皇太子を引き離すと、話は終わったからもう行こうと言った。

そして、自分の力で与えられたこのチャンスを踏みにじられたらあなたに本当に失望しますと去り際に言うと、皇太子を連れたルキーナはその場を去って行くのであった。

皇太子と一緒に街の中を歩くルキーナ。

ウィンストン公爵に言われたことを落ち込んでいると、必死に励まそうとしてくれる皇太子。

皇太子はルキーナを飲みに誘うが、少し疲れているからとルキーナは誘いを断った。そして、無理に笑顔を作ると、彼女は宿舎へと戻って行った。

そんなルキーナを見た皇太子は、ルキーナが入団試験を受けられないかもしれないと悩んでいた問題も、さきほどの男性のせいなのだろうかと考えるのであった。

一方、酒場で赤ワインを口にするウィンストン公爵。

正しいことをしたはずであるが、なぜかスッキリとしない気持ちであった。

ルキーナに失望すると言われたことが、思いのほか彼の心に突き刺さっているのであった。

一方、皇室のアグノス騎士団団長室でのこと。

騎士団長らしき人物が今年の騎士団大会にはオノール騎士団も参加をするのかを側近に尋ねていた。

参加をすると聞いた騎士団長は、彼らを注意深く監視し、アグノス騎士団の脅威になると判断したら処理するように指示するのであった。

【41話】感想

ウィンストン公爵は騎士の大変さをわかっているからこそ反対するのでしょうが、応援してくれると思っていた彼に反対されてルキーナは落ち込んでしまいましたね。

第三試験は実戦トーナメントですが、結果はどうなるのでしょうか。

←前回 今回 次回→
第40話 第41話 第42話

>全話ネタバレ一覧はこちら

-韓国漫画ネタバレ