韓国漫画ネタバレ

【58話】皇女、反逆者に刻印するのネタバレを含む感想と考察!

ピッコマで公開されている「皇女、反逆者に刻印する」の感想と考察になります。

あらすじ 」や「 漫画や小説の先読み方法」や「 みんなの感想・レビュー 」はこちら!

←前回 今回 次回→
第57話 第58話 第59話

>全話まとめ一覧はこちら

「皇女、反逆者に刻印する」の漫画は「ピッコマ」で公開されています。

【58話】感想と考察(一部ネタバレを含む)

管理人が作品を読んだ感想と考察になります。

魔晶石を話題にした理由

皇帝デズモンドとのお茶の場でのこと。魔竜ガラムートの枯渇した魔晶石が高騰することにより、物価が暴騰するか心配すると話す第6皇女ステファーニャ。

その解決策として下級ホムンクルスの魔晶石発掘の労働量を増やして時間稼ぎする間に、新しく構成した討伐隊に新たな魔晶石を発掘させるのはどうかと第3皇女ブリジッテは提案します。

皇帝デズモンドもこの案に賛成の意志を示します。

どうやらステファーニャとブリジッテは連携してこの話題をすることにより、皇帝デズモンドの前でイヴィエンヌに反対意見をさせて心象を悪くさせようとしていたみたいですね。

イヴィエンヌはホムンクルスを過酷な労働から解放しようとしているくらいですし、反発するのは容易に想像できます。

しかし、皇帝も賛成する意見を真向から否定したら、せっかく信頼を得て来たのが台無しになってしまいそうです。

君も賛成するよね?とブリジッテに話を振られたイヴィエンヌはどのように答えを出すのでしょうか。

イヴィエンヌの意見

要領の悪かった前世の自分とは違うと意気込むイヴィエンヌ。

ブリジッテの意見に賛成の意志を見せつつ、討伐戦をしなくても今すぐ魔晶石を確保する方法があると話します。

戦いの途中で斬り落とされたガラムートの尻尾の存在があり、それは10年は優に超える埋蔵量なのだと。

皇帝がこの話に食いつくと、ある者が魔晶石を買い占めて流通価格に害悪を及ぼしているという話を付け足すイヴィエンヌ。

この買い占めた人物はブリジッテの政治資金源になっているチャンスリー侯爵でしたよね。

皇帝はイヴィエンヌの話を聞いて流通ルートを徹底的に監視するように指示をしましたし、これでチャンスリー侯爵とブリジッテに打撃を与えられることは間違いがなさそうです。

前世では苦い思いをしたイヴィエンヌですが、今世ではうまいことやることができて良かったです!

これがうまくいけば、皇帝のさらなる信頼を得ることが出来そうですね。

任命

イヴィエンヌがガラムートの尻尾の魔晶石の存在を明かしたことにより、皇室では会議が行われていました。

イヴィエンヌもその会議に当然参加をしていたのですが、彼女はジェルカトス峡谷探査の責任者に任命されることに。

イヴィエンヌは皇室でだんだんと存在感を示すようになってきましたね!

これがうまくいけばホムンクルスの過酷労働の解放にもつながるでしょうし、ぜひとも成功させて欲しいところです。

←前回 今回 次回→
第57話 第58話 第59話

>全話まとめ一覧はこちら

-韓国漫画ネタバレ