韓国漫画ネタバレ

【ネタバレ5話】皇女、反逆者に刻印するの最新話のネタバレと感想!最終話の結末まで更新

ピッコマで公開されている「皇女、反逆者に刻印する」のネタバレと感想になります。

あらすじ」や「漫画や小説の先読み方法」はこちら!

←前回 今回 次回→
第4話 第5話 第6話

>全話ネタバレ一覧はこちら

「皇女、反逆者に刻印する」の漫画は「ピッコマ」で公開されています。


【5話】ネタバレ

戻ったのは8年前

イヴィエンヌが部屋にいると、そこに彼女の専属メイドであるセデラー・アルフェルが紅茶を持って来た。

セデラーも一段と若くなっており、過去に戻ったのは間違いないとイヴィエンヌは思う。

今がいつなのか確かめようと今後の予定を聞くと、第8皇女ロゼニットの20歳の誕生日を祝う宴が近々あるらしい。

ということはイヴィエンヌは現在21歳であり、8年間も時が戻っていることを彼女は把握した。

そしてロゼニットの誕生日は直属のホムンクルス騎士を選ぶ指名式の日でもあり、ロゼニットの専属騎士は内定しているという。

それはシルヴァスティアン・ミラードという銀髪の騎士だ。帝国の白薔薇と呼ばれるロゼニットにはぴったりだとイヴィエンヌは思う。

しかしホムンクルスは皇族にとってはただのお飾りでもあり、しかもロゼニットの専属騎士の座は3年でミカエリスに渡るのだ。

イヴィエンヌは、ミカエリスが皇帝の座に就くために意図的にロゼニットに近づいて帝国を崩壊させたと思っており、今度こそは止めなければと思う。

そのためにはミカエリスとロゼニットの接点を作らせないようにしなければと思うのだった。

イヴィエンヌの母

セデラーは、イヴィエンヌの専属騎士を志望するホムンクルスが多くいて、彼女も専属騎士を置いたらいいのにと言う。

しかしイヴィエンヌは専属騎士など置きたくない。他の皇族がホムンクルスの専属騎士を奴隷のように扱っていて、彼女はそんなことを望んでいないからだ。それは母の教えでもある。

イヴィエンヌの母は平民の錬金術師であり、彼女が幼いころにこの世を去った。イヴィエンヌは半皇族ということになる。

また母はゴーレム錬金術の権威で、意識と自我を持つ全ての存在を愛する人であった。

そんな考えを持つ母に育てられたため、イヴィエンヌはホムンクルスが奴隷のように扱われることを疑問に抱き、処遇の改善を訴えたわけだ。

しかしその主張により彼女は皇族の中で反感を買い、生活費を減らされるなどの扱いを受けることになるのだった。

セデラーと共に幸せを掴む

皇族の中で反感を買い、イヴィエンヌは厄介者扱いをされたわけだが、その影響でセデラーにも苦労をさせてしまった。

だから生き返った今回の人生ではセデラーを絶対に幸せにしたい。

そう約束するイヴィエンヌだが、その話にセデラーはイヴィエンヌの幸せが自分の幸せであると言う。

そんな心優しいセデラーに、それなら一緒に幸せを掴むわよ!とイヴィエンヌは笑いかけるのだった。

過去に戻って生き返ったこのチャンスを活かさないわけにはいかないと思うイヴィエンヌ。

8年前に戻ったということは、ミカエリスはまだ空中監獄にいるはず。まずはその問題を片付けよう。

そのように思ったイヴィエンヌは、お父様に会いに行こう!と考えるのだった。

【5話】感想

イヴィエンヌはホムンクルスの酷い扱いに異議を唱える優しい人ですが、彼女に仕えるセデラーもまた心優しいですね。

そばにいる人が信頼できる人で、イヴィエンヌも心強いのではないでしょうか。

早速父に会いに行こうと考えるイヴィエンヌですが、過去に戻ったこのチャンスを活かせるといいですね。

←前回 今回 次回→
第4話 第5話 第6話

>全話ネタバレ一覧はこちら

-韓国漫画ネタバレ