韓国漫画ネタバレ

【ネタバレ27話】皇女、反逆者に刻印するの最新話のネタバレと感想!最終話の結末まで更新

ピッコマで公開されている「皇女、反逆者に刻印する」のネタバレと感想になります。

あらすじ」や「漫画や小説の先読み方法」はこちら!

←前回 今回 次回→
第26話 第27話 第28話

>全話ネタバレ一覧はこちら

「皇女、反逆者に刻印する」の漫画は「ピッコマ」で公開されています。


【27話】ネタバレ

※韓国版を読んだものを簡単にまとめました。

新緑の部屋への訪問

メイドのリアンが大変なことになったと駆けつけて来た理由。

イヴィエンヌの新居「新緑の部屋」に、皇帝デズモンドが皇女たちを連れてやって来ることになったのだ。

ブリジッテを含めた皇女3人とその騎士たち、そして皇帝デズモンドが部屋に通された。

いい機会だからとブリジッテの専属騎士を確認しようと思うイヴィエンヌ。

専属騎士の名前は「イライザ・ハルシュテン」。頻繁に変わるブリジッテの専属騎士には珍しく、彼は長い間そのポストを守っていた。その理由はブリジッテが彼との夜に満足したからだと聞く。

イヴィエンヌがちらっと彼を見ると、イライザはふっとほほ笑んだ。

思わず顔を赤くし目を背けるイヴィエンヌ。それに気付いたミカエリスは彼のことをものすごい形相で睨みつけるのであった。

開拓事業

新しい居所の新緑の部屋の話を軽く済ませると、ブリジッテは皇帝デズモンドに開拓事業の話を持ち出した。

彼女がここにわざわざ来た理由は、皇帝デズモンドに政治的な感覚を披露するためであった。そして、彼女はわざとイヴィエンヌが耐えられない話題をして、皇帝に逆らうのを見たがっているのだ。

皇帝デズモンドの計画している開拓事業内容は、14地区東部のスラム街を27地区南部の開拓地区に移住させるというものであった。

元々荒れていた東部は繰り返される討伐により魔手の数は減り、今度は南部に出没するようになっている。価値の上がった14地区を取り上げ、荒れている27地区にスラムの人々を追いやろうとしているのだ。

その経緯についてブリジッテが得意げに話すと、よくわかっていると皇帝デズモンドは感心をした。

ブリジッテはニヤリと笑うと話を続けた。彼女は貧民を使って荒れ地を開墾できるのでは?と提案をする。

さらに、貧民が移住を通じて立派な臣民になれるために家を低金利で買えるようにし、皇室労役所に登録させて仕事をさせるのだと言う。

登録をしたら貧民たちは税金を避けることができなく、お金を取り立てて死地に追いやろうとしているのであった。

耐えきれなくなったイヴィエンヌは口を開いた。

そんなやり方をしたら、スラム街の住民は移住を拒否するでしょうと。

ブリジッテは獲物がかかったと言わんばかりに、ニヤリと笑うのであった。

【27話】感想

ブリジッテの専属騎士の顔は初めて出て来たかと思います。イケメンで色気のある男性ですが、いかにも悪いことを企んでそうに感じました。

イヴィエンヌが彼に笑いかけられたことに気付くと、嫉妬心?を燃やすミカエリスがかわいいです。

←前回 今回 次回→
第26話 第27話 第28話

>全話ネタバレ一覧はこちら

 

-韓国漫画ネタバレ