韓国漫画ネタバレ

影の皇妃【38話】最新話のネタバレと感想!

 

ピッコマで公開されている「影の皇妃」のネタバレと感想になります。

あらすじ」や「漫画や小説の先読み方法」はこちら!

←前回 今回 次回→
第37話 第38話 第39話

>全話ネタバレ一覧はこちら

「影の皇妃」の漫画は「ピッコマ」で公開されています。


【38話】ネタバレ

※韓国版を読んだものを簡単にまとめました。

北部熱病の治療法

ある屋敷でのこと。

ベッドで北部熱病に苦しむルシアを前にして、医者は治療することができないと彼女の父親に言った。

ルシアの父親は、カストル商会のトップのエミリオ。医師に宣告されたエミリオは、なんとか娘の治療薬を探さないとと自室で悩んでいた。

ふと机の上を見ると、封蝋してある1通の手紙が目に入る。

中を開けてみると、手紙には北部熱病の治療法についてが書かれていた。父親は部下を呼び出すと、すぐにラムネジアの花を手に入れてくるように指示をした。

それにしても、この手紙を出した人はいったい誰なんだろうか…

ラファエルの絵

ルシアに変装したエレナは、ラファエルの絵を見に来ていた。

彼の絵を見たエレナは、遠近法の使い方について指摘した。詳しく説明するエレナに、じっと考えているラファエル。

あまりにも詳しく話しすぎたかな?と不安にエレナが思っていると、彼は1人で考える時間が欲しいと言い部屋から追い出されてしまった。

再度、改めて部屋を訪れたエレナは、ラファエルにまた絵を見せてもらう。

ちょっと直ったレベルではなく、遠近法を完璧に使いこなせるようになったことに驚くエレナ。

元々遠近法とは彼が考案した技法であったが、わずか数日で取得してしまうとは。

さらにエレナがアドバイスしていくと、もっとすごい絵が出来上がっていく。

しかし、その絵には魂が感じられなかった。まだ彼が若いからなのか…?と思うエレナ。

そして、彼に相変わらず絵から真心が感じられないと正直に打ち明けた。

少しがっかりした様子を見せるラファエルを励ますエレナ。

そこに、ある女性がやってきた。彼女はセシリアと名乗り、エレナに挨拶をした。

彼女を見るなり震えだすエレナ。彼女はのちの"皇后"のセシリアであった。

【38話】感想

北部熱病の治療法について手紙を出した人が誰なのか、気になりますね。未来を知っているという意味ではエレナだったりするのでしょうか。

そして最後に後の皇后であるセシリアが登場しましたね。彼女が今後どのように物語に関わって来るか楽しみです。

←前回 今回 次回→
第37話 第38話 第39話

>全話ネタバレ一覧はこちら

「影の皇妃」の漫画は「ピッコマ」で公開されています。

 

-韓国漫画ネタバレ

Copyright © ハンタメ , 2020 All Rights Reserved.