韓国漫画ネタバレ

影の皇妃【32話】最新話のネタバレと感想!

 

ピッコマで公開されている「影の皇妃」のネタバレと感想になります。

あらすじ」や「漫画や小説の先読み方法」はこちら!

←前回 今回 次回→
第31話 第32話 第33話

>全話ネタバレ一覧はこちら

「影の皇妃」の漫画は「ピッコマ」で公開されています。


【32話】ネタバレ

※韓国版を読んだものを簡単にまとめました。

学術院へ

いよいよ出発する日。

フランツェ大公とリアブリックに見送られ、エレナは学術院の寮に向かった。

馬車の中でこれからのことを考えるエレナ。

これから縁の深い人たちに出会うだろう。特にレン、そして皇太子のシアン。

単独寮には皇族と高位貴族だけが生活するから、いつかは彼を出くわすことになる。

もし彼に出会ったら知らないふりをしよう。お互い傷つけ合うのは前世で終わりにするために。

メイへの頼み事

侍女のアンとメイ、騎士のフューレルバードを連れて学術院の寮に到着したエレナ。

立派な建物にアンは目を輝かせた。

部屋に入ると、エレナはアンとメイにこれからについて話した。

何日間はたくさんの来客があるから、しっかりもてなすように。

アンには特に紅茶や軽食に気を遣うように指示し、メイに先輩としての模範を示すように言った。

そして、さっそく片付けてくるように指示すると、アンは部屋から出て行った。

メイと2人きりになったエレナは、彼女にある使いを頼んだ。

考古学部1年生のルシアが在学中かどうか調べて、在学中であればこのブローチを渡すように。そして、このことは絶対にアンに知られないようにすること。

ルシア

部屋に1人になったエレナはベッドに寝転ぶと、いつの間にか眠ってしまい、起きたら夕方になっていた。

そこに、メイがさきほど頼んだ報告にやって来る。

在学中だとは言いますが、探すことはできませんでしたと話すメイ。

エレナは分かった、お疲れ様と言うと、さきほど渡したブリーチを受け取った。

そしてブリーチを見ながら、ルシアについて考えた。

開講前に症状があらわれたのか?

ルシアは私と同じ教養科目を受講していたものの、ルシアは1度も出席することがなかった。

彼女は北部熱病にかかり休学手続きも進められないまま、学術院を姿を消すことになったのだ。

結局彼女は息を引き取ることになるが、父親が娘の治療に大金を注いでいるという噂により、エレナはルシアの存在を知ることとなった。

あなたの命、助けてあげる。と言うと、エレナは1通の手紙に封蝋をした。

これから1年間よろしくね。

【32話】感想

アンはリアブリックの手先なので、エレナは彼女のことを欺きながら事を運ぶ必要がありますね。

メイのエレナへの信頼は少しでも増しているのでしょうか。

またルシアという新たな重要人物っぽい人が出てきましたが、エレナが何を企てているのか続きが気になります。

←前回 今回 次回→
第31話 第32話 第33話

>全話ネタバレ一覧はこちら

「影の皇妃」の漫画は「ピッコマ」で公開されています。

 

-韓国漫画ネタバレ

Copyright © ハンタメ , 2020 All Rights Reserved.