韓国漫画ネタバレ

【ネタバレ35話】花は舞い風は歌うの最新話のネタバレと感想!最終話の結末まで更新

ピッコマで公開されている「花は舞い風は歌う」のネタバレと感想になります。

「あらすじ」「漫画や小説の先読み方法」「みんなの感想・レビュー」はこちら!

←前回 今回 次回→
第34話 第35話 第36話

>全話ネタバレ一覧はこちら

「花は舞い風は歌う」の漫画は「ピッコマ」で公開されています。

【35話】ネタバレ

※韓国版を読んだものを簡単にまとめました。

兄からの手紙

エルセラの元には兄カルオンから手紙が届いていた。

彼女が依頼していた信を置ける者を用意してくれたのだと。その人物は一週間後にベルンハルト公爵邸を訪れるという。

カルオン曰く、エルセラが喜ぶ人物なのだと。一体誰なのだろうと彼女は思うのだった。

そして一週間後に兄がよこした者が自分を訪ねてくる予定だと、エルセラはメイドのリエンに伝える。

また3日後にはザルデア伯爵夫人とその令嬢が訪ねてくる予定であることも合わせて伝えておくのだった。

コンタール男爵夫人からの課題

いよいよコンタール男爵夫人から帳簿の見方を教わるエルセラ。

だが彼女に課せられたのは最初から実践的なものであった。

まずは現状の確認をして、一度予算を組んでみましょうかと。来月には使用人を増やさなければならないことも考慮してくださいと言う。

そんな突然の課題にエルセラは少し戸惑った。まずは学んでからではないのかと。

しかし、困ったら私に聞いてくれればいいですと言ってコンタール男爵夫人は楽観的である。

そんな彼女に背中を押され、エルセラはとりあえずやってみようと前向きに取り組み始めた。

一通り仕上がり、内容はコンタール男爵夫人が明日見てくれるというのだった。

もう一度学業を

今日の課題が終わったエルセラは、コンタール男爵夫人に気になっていたことを切り出した。

グレイシーバンアカデミー出身なのですよね?と。

それはエルセラがコンタール男爵から聞いた話である。

ただ彼は言っていなかったが、厳密に言えば”出身”ではないらしい。彼女は子供が出来たことによりアカデミーを卒業できなかったのだ。

それから自然と学業から遠ざかってしまったのだと。

しかしコンタール男爵夫人は、やりたいことがあるなら諦めないほうがいいとエルセラに助言する。エルセラが学問に関心があるという話はコンタール男爵夫人の耳にも届いていたようだ。

昔の話ですと言ってエルセラは再び学業に取り組むことを否定するが、それでもコンタール男爵夫人は彼女の背中を押す。

さらには学者になったアカデミーの同期を紹介してくれるとも。

公爵夫人ももう一度学業をやり直してはどうでしょう?

そう提案してくれるコンタール男爵夫人に、エルセラは戸惑いながらも希望を感じたような表情を浮かべるのだった。

【35話】感想

結構前にエルセラがカルオンに依頼していた、信を置ける者を用意してほしいという話。やっと返事が返ってきましたね。

エルセラが喜ぶであろう人物とはいったい誰なのでしょうか。彼女と親しい人物なのですかね。

そしてコンタール男爵夫人は、もう一度学業に取り組んではどうかとエルセラの背中を押してくれてます。

ベルンハルト領の内政を任されるにあたって、学問を身に着けているというとこは大きなプラスになりそうな気もします。

今後エルセラがベルンハルト内で地位を築いていくためにもいいのかもしれませんね。

←前回 今回 次回→
第34話 第35話 第36話

>全話ネタバレ一覧はこちら

-韓国漫画ネタバレ