韓国漫画ネタバレ

【ネタバレ37話】ゴミ捨て場の皇女様の最新話のネタバレと感想!

ピッコマで公開されている「ゴミ捨て場の皇女様」のネタバレと感想になります。

あらすじ」や「漫画や小説の先読み方法」はこちら!

←前回 今回 次回→
第36 第37話 第38話

>全話ネタバレ一覧はこちら

「ゴミ捨て場の皇女様」の漫画は「ピッコマ」で公開されています。


【37話】ネタバレ

※韓国版を読んだものを簡単にまとめました。

疫病を治療する者

フィレオン領のフィレオン子爵邸。

そこではフィレオン子爵がある者を前にして感謝していた。そのある者とはアクアマリンの宝石眼を持っている男の子イザクだ。

アクアマリンの宝石眼には治癒能力があり、彼が疫病にかかった者たちを治療したようである。

そして彼らはエリアスたちの到着を待っていた。

宝石眼を持っているということはイザクは皇族のはずであり、僕を捨てたのに再開して喜んでくれますかね?と口にしている。

その問いに対し、きっと陛下は弟と違って責任感のある方だから大丈夫ですとフィレオン子爵は言うのだった。

それから部屋に戻ったイザクは、自分の目を抑えながら、馬鹿な奴らだ…と呟く。

そして彼は青く輝くアクアマリンの宝石眼を目から取り外して、この宝石眼は本物だと言っている。

僕も皇子になるのかと不気味な笑みを浮かべるのだった。

新たな宝石眼の持ち主

フィレオン子爵邸にエリアスたちが到着し、フィレオン子爵らが出迎える。

フィレオン子爵はエストレラの存在を知らず、あの女の子は誰だ?と疑問に感じた。

私は仕事があるからと言ってエストレラに部屋で休んでるよう言うエリアスだが、彼女は自分も一緒にいたほうが良いと言う。

どうやら何かしらの危険を感じ取っているのか、自分が父の側にいたほうがよいと主張するのだ。

エストレラの言う通り彼女も同行し、エリアスはフィレオン子爵から疫病の状況について報告を受ける。

フィレオン子爵曰く、調査に進展はないものの病状が良くなった者たちがいるという。それはある者の助けであり、宝石眼の持ち主であるとも。

その発言にエリアスやカリザンたちは驚く。同席しているケヒルも、他にもユバルがいるのか?と疑問に感じているようだ。

エリアスは信じ難いと言い、その者をここに連れてくるように指示する。

するとちょうどイザクが到着したようで、彼は部屋に入って来るのだった。

それは本物か

イザクの青く輝く眼を見て、本物の宝石眼なのか?とエリアスは疑問に感じた。

エリアスの指示でウリエルがイザクの元へ行き確認すると、どうやら本物の可能性はあると言う。

あの子が皇族の血筋なのか…と思うエリアスは少し腑に落ちない様子でもある。

そんな中イザクのことをまじまじと見つめているエストレラ。

イザクが目線を上げ、お互いの存在に気づくと、突然2人とも頭を抱えて苦しみだした。

しっかりしろ!とエリアスはエストレラに声をかけ、またイザクのほうもそばにいるウリエルが大丈夫ですか?と心配する。

そしてイザクが口を開くと、信じがたい言葉を発した。

その子は魔族じゃないですか…?陛下、その子は怪物です…どうして死体が生き返るのか…

エストレラのことをそのように言うイザクに対し、言葉使いには気をつけろ!貴様の首が飛ぶ前に!とエリアスが威圧的に言うのだった。

【37話】感想

アクアマリンの宝石眼を持つという男の子が登場しましたね。ただ彼は一人の時に目を取り外したりしていて、馬鹿な奴らめと周りを騙しているかのような発言もあります。

こういう描写からすると、宝石眼の本物の持ち主ではない?誰かから奪った悪い奴?みたいな感じがしますね。

イザクとはいったい何者なのか、これから明らかになっていくのが楽しみです。

←前回 今回 次回→
第36 第37話 第38話

>全話ネタバレ一覧はこちら

-韓国漫画ネタバレ