韓国漫画ネタバレ

【ネタバレ6話】ガラスの温室の公爵夫人の最新話のネタバレと感想!最終話の結末まで更新

ピッコマで公開されている「ガラスの温室の公爵夫人」のネタバレと感想になります。

あらすじ」や「漫画や小説の先読み方法」や「みんなの感想・レビュー」はこちら!

←前回 今回 次回→
第5話 第6話 第7話

>全話ネタバレ一覧はこちら

「ガラスの温室の公爵夫人」の漫画は「ピッコマ」で公開されています。

【6話】ネタバレ

温室で

二週間もの間、領地に滞在したエドハールは帝都に戻って行った。

彼に会わないためにずっと部屋に閉じこもっていたレイナは、気分転換に散歩をすることに。

散歩に出かけたレイナが温室に入ると、どこからか声がする。

振り返っても誰もいないが、シュウウウという謎の音が聞こえるのであった。

使用人の解雇

レイナが部屋に戻ると、腐ったブドウが用意されていた。

執事のドノヴァンを呼びつけると、彼に説明を求めた。そして、すべての使用人たちを呼ぶように命じるのであった。

集められた使用人たちの前に姿を現すレイナは、彼らに全員解雇だと通告をした。

不平不満を言い出す使用人たちに、自分は「ヒスビリアンの主」であり主に逆らう使用人はいらないと一喝する。

レイナは明日には全員の使用人を出て行かせるようドノヴァンに命じると、使用人たちはこのままでは出て行けません!とドノヴァンに訴えた。

しかし、レイナはれっきとしたヒスビリアンの主であり、エドハールの代理として権利を行使できる人物だと言うドノヴァン。そして、使用人たちに出て行くように求めた。

そんな彼の様子を見て、ヒスビリアンに対する忠誠心だけは信じているとレイナは言う。

まるで別人のように変わったレイナ。突然に使用人の態度を戒める彼女を見て、もしかしたら新しい風が吹くかもしれないとドノヴァンは思った。

そんなレイナのおでこには、キラリと宝石のようなものが光っているのだった。

【6話】感想

温室で声をかけてきたのは精霊のウィディーネでしょうか。精霊はレイナの新しい人生を助けてくれる強い味方になりそうなので楽しみです。

生意気な態度を取る使用人を全員解雇したレイナですが、今回の人生では毅然とした態度を取っているのが気持ちがいいですね。

そして使用人を解雇するシーンになってからレイナのおでこにはキラリと光っている宝石のようなものが。それまではおでこに何もなかったはずなので、温室で何かあったようですね。

←前回 今回 次回→
第5話 第6話 第7話

>全話ネタバレ一覧はこちら

-韓国漫画ネタバレ