韓国漫画ネタバレ

【ネタバレ37話】ガラスの温室の公爵夫人の最新話のネタバレと感想!最終話の結末まで更新

ピッコマで公開されている「ガラスの温室の公爵夫人」のネタバレと感想になります。

あらすじ」や「漫画や小説の先読み方法」や「みんなの感想・レビュー」はこちら!

←前回 今回 次回→
第36話 第37話 第38話

>全話ネタバレ一覧はこちら

「ガラスの温室の公爵夫人」の漫画は「ピッコマ」で公開されています。

【37話】ネタバレ

※韓国版を読んだものを簡単にまとめました。

レイナだけが知らなった事実

エドハールが妾の子だという事実は誰でも知っているほど有名であり、それを知らなかったのはレイナだけと言っても過言ではなかった。

彼のことが欲しくて妻になったレイナだったが、彼のことを何も知らなかったんだねと彼女は思った。

そしてまた彼女は、エドハールに合わせる顔がないと感じるのだった。

皇帝誕生の記念狩猟大会

それから皇帝の誕生記念狩猟大会が開催され、気が進まなかったがレイナもやむを得ず参加することに。

会場に到着すると、妾の子供のくせに…などと話している貴婦人たちの会話が聞こえてきた。

それはエドハールとは無関係の話であるが、レイナは気分が悪かった。あんな話を誰も止めないんだね…と。

エドハールもこんな非難に耐えながら生きてきたのかとレイナは改めて感じるのだった。

皇后と皇女の入場

そして皇后と皇女が会場に入って来る。皇女はミルア・ローズ・パルソ・ソルシエ。

ミルアはレイナがここに参加していることに驚き、そして表情が少し険しくなる。

というのもミルアはエドハールに求婚を断られたことがあり、レイナを快く思っていないのである。

彼女は皇后と一緒にレイナを馬鹿にするような話をしてケラケラと楽しそうに笑っている。

一方レイナは無表情のままであるが、あなたは会話が退屈なのかしら?とミルアが突っかかってきた。

そして、正直に言いましょうと前置きし、私はあなたのことが嫌いですとハッキリ言ってくる。

またレイナの息子エルの話にも触れ、その子のことをちゃんと守ったほうがいいですよとアドバイスしてきた。もし私は公爵夫人の地位を望む者であれば、まずあなたの息子から手を出すだろうねと。

特に一人きりになる日は…とミルアが言いかけると、レイナはハッとして青ざめた表情を浮かべ、話が途中にも関わらず席を立ってひと気のないところへ行くのだった。

エルの安否は

ひと気のないところに来たレイナ。

そこでエルと一緒にいるはずの精霊ウンディーネに話しかけようとするが反応がない。

ウンディーネ…!答えてウンディーネ…!お願いだから…!!と心の中で思い、レイナは涙を流しながら取り乱している。

そんな彼女を落ち着かせようと騎士のヘルダーが話しかけた。今こそ落ち着かなければなりませんと。

レイナは震えながらも少し冷静になり、ウンディーネとの繋がりが弱くて今にも途絶えそうだ話した。これまでこんなことは一度もなかったと。

エルを見守ってくれているはずのウンディーネと連絡が取れないという緊急事態に、レイナとヘルダーはすぐに屋敷へ馬車を走らせるのだった。

屋敷に到着してエルのいるはずの部屋に駆け込むが、そこにはエルの姿はなかった。

レイナは激しく動揺し、エルはどこ!?と取り乱した様子で使用人に確認すると、まさかの答えが返って来た。

奥様と一緒にいらっしゃったのではなかったのですか…?

その答えに、レイナは絶望の表情を浮かべるのだった。

【37話】感想

エドハールが妾の子だという事実はレイナにとっても衝撃だったようですね。エドハールはレイナのことを自分と似た境遇だと最初会った時に感じたようですが、逆にレイナもそのように思うのですかね。

たしかに家門の中で除け者にされて、酷い扱いを受けてきたということは共通しているはずなので。

またミルア皇女との会話の中で、エルの安否が心配になったレイナ。ウンディーネとは連絡が取れず、帰ってみるとそこにエルの姿はありませんでした。

一体犯人は誰なのでしょうか。やっぱり真っ先に思い浮かぶのはモニカですかね。以前の話で、レイナについては考えがあると言って何か企んでいたようなので。

あの女なら子供を誘拐しても不思議ではないです。真相が気になりますね。

←前回 今回 次回→
第36話 第37話 第38話

>全話ネタバレ一覧はこちら

-韓国漫画ネタバレ