韓国漫画ネタバレ

【ネタバレ33話】暴君の保護者は悪役魔女ですの最新話のネタバレと感想!

ピッコマで公開されている「暴君の保護者は悪役魔女です」のネタバレと感想になります。

あらすじ」や「漫画や小説の先読み方法」はこちら!

←前回 今回 次回→
第32話 第33話 第34話

>全話ネタバレ一覧はこちら

「暴君の保護者は悪役魔女です」の漫画は「ピッコマ」で公開されています。


【33話】ネタバレ

※韓国版を読んだものを簡単にまとめました。

邪悪な顔

突然膝をついて倒れ、苦しみだすティータ。

クレーテは彼に駆け寄り、スノウも心配して寄り添うが、苦しむティータはあっちに行けとスノウを弾き飛ばす。

ティータのその行動に、普段とはまるで別人みたいだと感じるクレーテ。

ティータは割れるような頭の痛みと、彼にだけ聞こえる声に苦しんでいた。

彼の首飾りは確かに光輝いて反応を見せており、テベットの力を阻止しているのは間違いないが、ティータの体に残っている魔力が暴れているのだろうか。

するとティータは心配するクレーテの腕をグッと握ると、クレーテは彼の握力の強さに驚く。

そしてティータは不気味な表情を見せてこう言った。

奴がまた声をかけてくる。でも心配しないでください。なんか今度はあいつを殺せるような気がします。

そう言うティータは、普段の彼とは違う邪悪そうな顔で笑っており、クレーテは彼の見たことないような表情に驚くのだった。

原作ではクレーテはアルフェンに殺され、悲惨な最期を迎えていた。その時もアルフェンは笑っていたと言う。

アルフェンとは大人になったティータのことである。

なぜかクレーテにはそんな原作の光景が頭に思い浮かんでいたのだった。

テベットとの戦いの行く末は

テベットと戦い苦しむティータ。

聖水をかければもっと楽になるからと、ティータに握っている手を放すようにクレーテは言う。

するとまた突然邪悪そうな表情で、痛いですか?とティータは聞いて来るが、クレーテは弱いところを見せないよう毅然とした態度をとる。

次の瞬間再びティータは人が変わったように優しい表情なった。殿下、腕に跡が…とクレーテのことを心配するのだった。

その変わりように、やはり正気じゃないと思うクレーテ。

すぐに聖水を取りに行こうとするが、またティータは彼女の腕を掴み、今度は彼女を引き倒した。

またも邪悪な表情を見せるティータは、クレーテの髪の匂いを嗅ぎ、殿下の周りはいつも良い香りがしますと言って笑う。

ティータから離れようとするクレーテだが、ティータは彼女に後ろから抱き着いた。

一体どういうことだとクレーテが振り向くと、前が見えないほど激しい光が周囲を包み、彼女に抱き着いているティータの体は震えている。

そしてキエエエとテベットの苦しむような叫び声が上がり、光が収まるとそこにはティータが立っていた。

僕が勝ちました。殿下。

そう言って不気味に笑みを浮かべているティータに、クレーテは何が起こったか理解できず呆然としているのだった。

【33話】感想

これは本当にテベットに勝ったということでいいのでしょうか。

それにしてもテベットよりも、むしろ不気味な表情を見せて笑うティータのほうが怖かったですね。

彼の中に潜む悪の心みたいなものがあるのでしょうか。またティータのあの邪悪な顔が出てこないか、今後もちょっと怖いです。

←前回 今回 次回→
第32話 第33話 第34話

>全話ネタバレ一覧はこちら

-韓国漫画ネタバレ