韓国漫画ネタバレ

【ネタバレ22話】暴君の保護者は悪役魔女ですの最新話のネタバレと感想!

ピッコマで公開されている「暴君の保護者は悪役魔女です」のネタバレと感想になります。

あらすじ」や「漫画や小説の先読み方法」はこちら!

←前回 今回 次回→
第21話 第22話 第23話

>全話ネタバレ一覧はこちら

「暴君の保護者は悪役魔女です」の漫画は「ピッコマ」で公開されています。


【22話】ネタバレ

レプルの庭園へ

ティータはクレーテと喧嘩してから約一週間たつが、まだ彼女を避けていた。

そんなティータに彼女が声をかけ、予定がないなら一緒にレプルの所に行こうと言う。

ちょっと渋っていたティータだったが、本当はクレーテと一緒に行きたかったのか、やっと自分の気持ちに正直になり、2人でレプルの所に行くことになった。

レプルの庭園にやって来た2人。

ティータとレプルは久しぶりに会ったためか、男同士力比べでじゃれ合う。

そのノリについて行けないクレーテは、庭園内で一人薬材を探すことにした。今日はそのために来たのだ。

剣術

暫くしてクレーテが一人の所に話しかけてくるレプル。

ティータに剣を教えるつもりはありませんか?とキラキラとした目で提案してきた。

レプル曰く、どうやらティータは骨格が大きく力も強いから剣の素質があると言う。

その提案を断るクレーテに、しつこく説得しようとするレプルだったが、最終的には彼女がブチ切れてひとまず話は終わるのだった。

剣なんて絶対だめよ。私の目の黒いうちは剣術なんて絶対に習わせないんだから!

そう思っていたクレーテの元に、今度はティータが現れた。

俺にも剣を習わせてください!

そう言うティータは、既にレプルから話を聞いていたようだ。もしクレーテから許可を得たならば剣術を教えてくれると。

勝手にティータに剣術の話をしたレプルに苛立ちながらも、クレーテは当然ティータに対しても剣術を習うことを許さなかった。

ティータが執事になりたいと言った時のように、再び激しい口論に発展する。

最終的に和解することのないまま、2人は氷の城に戻った。

窓の外から聞こえる声

夜、自分の部屋に一人でいるティータは、執事も剣も何もかもダメと言ってくるクレーテに対して納得がいかずにいた。

俺にだって自分のことを決める権利があるはずだ!と。

そんな時、真っ暗だった窓の外から突然パアッと光が差した。

突然の出来事に驚くティータだが、不気味な声が聞こえてくる。

魔女が憎いのね。また会えて嬉しいわティータ。私はあなたの心の渇望よ。

その声にティータは困惑し、スノウは怯えて震えるのだった。

【22話】感想

暴君にさせたくないクレーテからしたら、当然剣術なんか習わせたくないですよね。レプルが余計なことをしてくれましたね。笑

窓の外から聞こえてきた声は、過去にティータと会ったことのあるあの魔物でしょうか!?

←前回 今回 次回→
第21話 第22話 第23話

>全話ネタバレ一覧はこちら

 

-韓国漫画ネタバレ