韓国漫画ネタバレ

【ネタバレ14話】暴君の保護者は悪役魔女ですの最新話のネタバレと感想!

ピッコマで公開されている「暴君の保護者は悪役魔女です」のネタバレと感想になります。

あらすじ」や「漫画や小説の先読み方法」はこちら!

←前回 今回 次回→
第13話 第14話 第15話

>全話ネタバレ一覧はこちら

「暴君の保護者は悪役魔女です」の漫画は「ピッコマ」で公開されています。


【初回30日無料】Kindle Unlimited読み放題の人気漫画

読みたい漫画をクリック! 登録はこちら

>「Kindle Unlimited」の登録方法
>一気読みできるファンタジー漫画

【14話】ネタバレ

ティータの話

緑色の液体がグツグツと音を立てている部屋で一人、クレーテは考え事をしていた。

前日の夜の出来事。

ティータはクレーテに、自分が雪の中で倒れてしまった日のことを話していた。

自分はエドモンドの言いつけ通り、日が暮れる前に帰ろうとしていたが、バラ園の前あたりで急に周りが暗くなったと。

それは日が沈んだというより、急に消えたようだと言う。

そしてバラが話しかけてきたとも。

それを聞いて、そのあと精霊に襲われたのね…と息をのむクレーテ。

しかし彼女は、精霊がこんな小さな子供に手を出したことを不審に思っており、さらに詳しく話を引き出そうとする。

するとティータは、バラの棘で自分の血が垂れたことを思い出し、彼女に話した。

その話に納得するクレーテ。

きっとバラについた血によりティータの潜在能力に気づいたんだわ、と。

氷の城のバラには寒さに耐えらえるようクレーテの魔法がかかっている。

その魔法がかかったバラを操るのは、少なくともテベット級の最上級精霊でなければできないはず…

そしてクレーテはテベットならあり得る話だと思い始める。

ティータの魂を無意識の世界に閉じ込めてしまうほど強力な力であり、そのバラはテベットの魔力を秘めたバラだったのだと。

そして自分よりも強力なティータの力に驚いて逃げて行ったのだろうと結論付けるのだった。

自責の念

そんなティータとの会話を思い出し落ち込むクレーテ。

何が極寒の君主よ…小さな子供一人ろくにまもれないくせに…と自分を責めるのだった。

またクレーテが気を失っていた時、ティータに似た男の子を見かけたことを思い出す。

しかしギロッという鋭い目つきに、あの目はティータじゃないと思う。

青ざめた表情で、まさかアルフェ…と言いかけたとき、緑色の液体がゴボッと音を立て、クレーテは正気に戻る。

テベットについては後で考えましょと言って、自分の仕事に戻るのだった。

庭園

今はやるべきことがあるんだから、と言ってクレーテは庭園にテレポートする。

そこはべロスでは非常に珍しい庭園で、レプルという名の若いライカンが運営している。ライカンとは狼人族のことである。

今回はティータの好みにあった友達をプレゼントしようと、花に手を添える。

そんなクレーテの元に狼のような風貌の男が姿を現し、ようこそいらっしゃいました殿下、と笑顔で声をかけるのだった。

【初回30日無料】Kindle Unlimited読み放題の人気漫画

読みたい漫画をクリック! 登録はこちら

>「Kindle Unlimited」の登録方法
>一気読みできるファンタジー漫画

【14話】感想

ティータとアルフェンは別人格何ですかね。アルフェンの名前を言いかけたときのクレーテは、かなり危機感を覚えている様子でした。

最後の狼みたいな登場人物は、名前だけ出てきたレプルという者でしょうか。気になる新キャラです。

←前回 今回 次回→
第13話 第14話 第15話

>全話ネタバレ一覧はこちら

【初回30日無料】Kindle Unlimited読み放題の人気漫画

読みたい漫画をクリック! 登録はこちら

>「Kindle Unlimited」の登録方法
>一気読みできるファンタジー漫画

 

-韓国漫画ネタバレ

Copyright © ハンタメ , 2020 All Rights Reserved.