韓国漫画ネタバレ

悪役に正体がバレてしまった【32話】最新話のネタバレと感想!

ピッコマで公開されている「悪役に正体がバレてしまった」のネタバレと感想になります。

あらすじ」や「漫画や小説の先読み方法」はこちら!

←前回 今回 次回→
第31話 第32話 第33話

>全話ネタバレ一覧はこちら

「悪役に正体がバレてしまった」の漫画は「ピッコマ」で公開されています。


【初回30日無料】Kindle Unlimited読み放題の人気漫画

読みたい漫画をクリック! 登録はこちら

>「Kindle Unlimited」の登録方法
>一気読みできるファンタジー漫画

【32話】ネタバレ

イグネスの過去

イグネスは過去の出来事を思い出していた。

それは食事に毒を盛られ、暗殺されそうになっていたときのこと。

それでも生き延びたイグネスは、その日の夜に思い詰めた様子でルワンに問いかける。

僕が死んだらお前はどうなる?と。

するとルワンは、私も一緒に死ぬでしょうね、とあっさり答えた。それは覚悟の上という感じである。

もしイグネスが死んでしまえば、彼の元にいた人たちは皆殺されるのは分かりきっていた。

その言葉を聞いたイグネスは力強く言う。

絶対に死なせるものか。僕も全力で生きるから、僕のサポートをしてくれないか?ずっと僕の側にいてほしい。

彼はそうルワンに伝え、拳をグッと握りしめるのだった。

セレスティンへの疑い

場面は現在、イグネスとルワン2人で仕事していて、イグネスは何か思い詰めている様子である。

ルワンが彼のことを気にすると、イグネスはあまり気分が良くないのだと。

彼は気分が優れない理由を考えていた。

お父様のせいなのか?それとも皇后のせい?公爵のせいなのか?いや違う、セレスティンの様子が普段と違った。

彼の心の引っ掛かりはセレスティンであった。

そして彼が感じていた普段との違いの正体は、直前に会ったセレスティンが、セレスティンのふりをしたセレナではなく、セレスティン本人だったということ。

しかしイグネスはそんなこと知る由もない。

そして彼はセレスティンのその違和感の理由を考える。

皇后に何か言われたのか?それとも皇帝に?そうやってお前も僕の元を離れてしまうのか?

イグネスは魔族と人間の半人半獣であるがため、周りの者から恐れられたり敵対視されていた。

他の者とは違い、セレスティンのことは信頼していたのだが、そんな彼のことを疑ってしまう。

レティオの問い

そんなことに頭を悩ませていた時、ふと窓の外を見るとセレナ(セレスティンのふりをしているセレナ)が目に入る。

彼はレティオと2人で何かを話している。

そして彼は、セレスティンを連れてくると言って立ち上がるのだった。

一方セレナとレティオの会話。

レティオはセレナに、イグネス皇子が皇位継承を受けられなかったら”セレスティン”はどうなるのかと聞いてくる。

この”セレスティン”とは、セレナが演じているセレスティンではなく、セレスティン本人のことを意味しているのだろう。

その言葉に、セレナは目を見開いて動揺している。

この人まさか…

そして彼女は、任務をきちんとこなせなければ必要とされません、と答えながらも、この状況はかなりマズいと思っていた。

そんな時、ここにいたのか、と話しかけてくる声。

2人のところにイグネスが現れたのだった。

【初回30日無料】Kindle Unlimited読み放題の人気漫画

読みたい漫画をクリック! 登録はこちら

>「Kindle Unlimited」の登録方法
>一気読みできるファンタジー漫画

【32話】感想

イグネスはかなり繊細な人物なのですね。セレスティンの違和感に彼が気づかないとは思いませんでしたが、ここまで思い詰めるとは。

一方レティオのほうも、セレナへの質問が怖くてゾッとしてしまいます。

←前回 今回 次回→
第31話 第32話 第33話

>全話ネタバレ一覧はこちら

【初回30日無料】Kindle Unlimited読み放題の人気漫画

読みたい漫画をクリック! 登録はこちら

>「Kindle Unlimited」の登録方法
>一気読みできるファンタジー漫画

 

-韓国漫画ネタバレ

Copyright © ハンタメ , 2020 All Rights Reserved.