韓国漫画ネタバレ

【ネタバレ16話】悪女の私がヒロインになりますの最新話のネタバレと感想!最終話の結末まで更新

ピッコマで公開されている「悪女の私がヒロインになります」のネタバレと感想になります。

あらすじ」や「漫画や小説の先読み方法」や「みんなの感想・レビュー」はこちら!

←前回 今回 次回→
第15話 第16話 第17話

>全話ネタバレ一覧はこちら

「悪女の私がヒロインになります」の漫画は「ピッコマ」で公開されています。

【16話】ネタバレ

アロンとの対面

突然ダリアを訪ねてきたアロン・シャルローテ。

彼はシャルローテ公爵家の新しい家主であり、そして今はノエルを一番近くで補佐する権力者である。

そんな彼がやって来た理由は、神のお告げの対価を受け取るためなのだと。

その状況にダリアは疑問を感じた。アロンはヘレンと敵対関係であるはずなのに、ヘレンの命令でここに来るわけがないと思ったのだ。

そんな疑問をダリアが感じている中、アロンは話を進めていく。

神のお告げの対価には、決められたものを捧げなければいけないらしい。決められたものとは”質問の答え”だと彼は言う。

先日毒酒を飲んで命が脅かされた件について、犯人が誰だか知っているかとアロンは聞いてきた。

犯人については分からないとダリアが答えると、そうですかと言ってアロンは立ち上がり帰ろうとする。

本当にこれだけのために来たのかとダリアは不審に思った。

それからアロンは帰る前にダリアにもう一つ話をした。

聖女と個人的に話をするのは許されていないということ。それなのにルールを無視して会ったということは別の深い意味があるのでしょうねと。

それに対しダリアは大公に頼まれて婚約指輪に祝福の洗礼を受けただけだと答える。

彼女の答えにいまいち腑に落ちていないような表情のアロン。

またお会いする時は私とも楽しくお話ししましょうと彼は言い残して去っていくのだった。

ヨハンの説得の末

アロンとの対話も終え、ダリアはそろそろマーガレット屋敷に帰ろうかと考えていた。

そんな彼女にヨハンは良い知らせがあると言う。

何回もノエルを説得した結果、結婚を認めてもらうことが出来たのだと。

結婚を認めてもらうために北部の小国で起きている反乱の件を持ち出したらしい。

ビーデル伯爵家は帝国で一番富豪と言われている家門。

そんなビーデル伯爵家の娘であるダリアと結婚を前倒しすることによって、北部の守備を強化できるだろうと説得したのだ。

その結果ノエルは2人の結婚を認めてくれたという。

ダリアは頬を赤らめ、素晴らしいですわと言って喜ぶのだった。

毒酒を飲ませた犯人とは

それからダリアは、自分に毒酒を飲ませた犯人についてそろそろ教えて欲しいとヨハンに要求する。

しかし何か事情があるのか、ヨハンはすぐに教えようとしない。まずは落ち着いて話を聞いてくださいと言って本題に入ろうとしないのだ。

どうして…!とダリアが少しヒートアップすると、その部屋にはエルバード・ポーシブルが現れる。

全ては彼から説明してくれるのだと。

そして彼は、謝罪が遅くなり本当に申し訳ありませんと言ってなぜかダリアに謝って来る。

エルバードは何か居所が悪そうな表情を浮かべているのだった。

【16話】感想

結局アロンが何のためにダリアに会いに来たのかは分からないままでした。何か意図がありそうなのは間違いないですね。

それからダリアに毒酒を飲ませた犯人について。彼女がヨハンに問い詰めると、エルバードが出てきて彼から説明してくれるのだと。

エルバードはなぜだか申し訳なさそうな表情を浮かべていますが、もしかして毒酒を仕込んだのは彼だったのでしょうか。

誰か他の人がターゲットだったのに、誤ってダリアがそれを口にすることになってしまったということもありそうな気がします。果たして真相はどうですかね。

←前回 今回 次回→
第15話 第16話 第17話

>全話ネタバレ一覧はこちら

-韓国漫画ネタバレ