韓国漫画ネタバレ

赤い瞳の廃皇子【8話】最新話のネタバレと感想!

LINEマンガで公開されている「赤い瞳の廃皇子」のネタバレと感想になります。

あらすじ」や「漫画や小説の先読み方法」はこちら!

←前回 今回 次回→
第7話 第8話 第9話

>全話ネタバレ一覧はこちら

「赤い瞳の廃皇子」の漫画は「LINEマンガ」で公開されています。


【8話】ネタバレ

ハビトゥス大寺院への違和感

ハビトゥス大寺院の祈祷を勧める報告書に記載された疫病が広まった時期と実際の次期にズレがあることに、違和感を感じるアクシアス大公。疫病が広がって1番利益があるのは司祭でなのであった。

部下のレナードは、ハビトゥス大寺院に人を送り探りを入れさせたとアクシアス大公に報告した。

そしてアルフェテル寺院の協力があれば悪魔と疫病を戒めることができるが、寺院はどこまで信じていいかわからないと話す。

アクシアス大公は窓からリエターの姿を見つめると、祈祷能力者は果たして役に立つのだろうかと考えた。

彼女は神聖能力を持っており、悪魔を見ることができる人間。そして寺院とは無関係だから、裏切る可能性もないのであった。

アイリーン

東の別宅に祈祷をしに来たリエターは、唯一祈祷を行っていない部屋の存在が気になった。

そしてそのことをアンナに聞いてみると、アイリーンはたぶん興味がないと思うから気にしないでと返答する。

アンナは、掃除もしないし食事の準備も手伝わないとアイリーンの不満を言うが、もう1人の女性は彼女は大事な伯爵の令嬢で、生活費ももらっていないじゃないとアンナをなだめるのだった。

アクシアス大公の恋愛事情

リエターは東の別宅の女性たちとお茶をすることに。皆で談笑をしているところに、アクシアス大公がやってきた。アンナがアクシアス大公の元に駆け寄ろうとすると、彼の元にはすでにアイリーンが駆け寄っていた。

アイリーンはアクシアス大公に声をかけるが、あまり相手にされていない様子。そこにアンナも駆け寄っていくのだった。

彼らをよそに、談笑を続けるリエターたち。1人の女性が、アイリーンはアクシアス大公に首ったけなのだと話した。アクシアス大公が東の邸宅の女性たちを愛していると思ったようで2年前にここに来たのだと。

しかし、以前はそういうこともあったが、色々あって今ではそうではなくなったと。彼は領地の仕事が忙しくて、恋愛どころではなくなったのだという。

リエターは東の別宅は、アクシアス大公のハーレムだと思っていたが現実は違っていたようだ。東の別宅には皆事情があって留まっているだけで、彼に恋人のような相手はいないのだった。

アイリーンの部屋

自分の家に戻る前、アイリーンの部屋に寄って祈祷をしようとするリエター。

ドアが開くと、中から出てきたアイリーンはそこで何をしているの?と凄んだ。リエターは自分は祈祷術師であり、東の邸宅から依頼を受けて…と話すが、アイリーンはいい顔をしない。

ドアに簡単な祈祷をしたら出て行きますからと話すリエターに、アイリーンは金貨を投げつけるとそれを持って消えて!と吐き捨てた。

アイリーンが怒って部屋に戻ってしまうと、リエターはそっとドアに祈祷をするのであった。

【8話】感想

ハビトゥス大寺院から怪しい雰囲気がでていますが、リエターの力が役に立てると良いですね。

アクシアス大公は女好きだと噂されていましたが、実際は違ったようです。アクシアス大公はリエターに興味を持っているようですが、これから2人がどうなってくのかが楽しみです。

←前回 今回 次回→
第7話 第8話 第9話

>全話ネタバレ一覧はこちら

 

-韓国漫画ネタバレ

Copyright © ハンタメ , 2020 All Rights Reserved.