韓国漫画ネタバレ

【ネタバレ8話】余命僅かな悪女にハッピーエンドをの最新話のネタバレと感想!

ピッコマで公開されている「余命僅かな悪女にハッピーエンドを」のネタバレと感想になります。

あらすじ」や「漫画や小説の先読み方法」はこちら!

←前回 今回 次回→
第7話 第8話 第9話

>全話ネタバレ一覧はこちら

「余命僅かな悪女にハッピーエンドを」の漫画は「ピッコマ」で公開されています。


【8話】ネタバレ

前のクレアの感情

ドクンドクンと高鳴る心臓に、これは私の感情じゃないと思うクレア。

これは前のクレアの感情であると。

その激しい胸の鼓動で、彼女がどれほどアイザックを愛していたかが伝わって来る。

そんな鼓動を感じていると、一体何を考えているのか正直に話したらどうだと聞いて来るアイザック。

6カ月間という期間も疑問であると。

旅行をしようと考えているととっさに答えるクレアだが、400歩しか歩けないのに旅行か?と簡単に嘘を見抜かれてしまう。

なんだかんだ彼女は誤魔化し、それより私たちが夫婦になったということが大事だと思いますと言って無理やり話題を変えるのだった。

正反対の存在

2人は幸せな結婚生活とは何かについて少し話す。

そしてアイザックは、一緒にいる間そなたが満足できるように精一杯努めると言って彼女の前に跪き、結婚指輪をはめてあげるのだった。

そしてクレアがもう休もうと部屋に戻ろうとすると、どうやら寝室は上の階だという。

彼女にとって階段を上るのは非常に過酷なものだが、アイザックがすかさず彼女のことを抱えて上り始めた。

私はもうそなたの夫だ。遠慮なく頼ればいい。

そういうアイザックに対して嘘をついている自分に何だか罪悪感を感じるクレア。

そして前のクレアがアイザックに近づけなかった理由が分かった気がした。

自分とは正反対のまっすぐで真面目な人間であり、近づく勇気が出なかったのだろうと。

そしてこれは前のクレアの感情であり、私の魂が代わりに感じているだけ。

だからこの胸の高鳴りも私のものじゃない。クレアはそう感じているのだった。

クレアに似た男

社交界の人気者アイザック・ディトロイ大公と有名な悪女クレア・リアの突然の結婚に、国は大騒ぎになった。

どこへ行っても2人の話題で持ちきりであるが、祝福する者は少なかった。

そしてこの知らせを受けて声を上げて怒っている人物が。

それはクレアに似た赤髪の男であった。

クレア…一体何を企んでいるんだ!?

そう言ってその男は苛立っているのだった。

【8話】感想

クレアが感じたように、アイザックと悪女クレアは正反対の存在ですね。

この胸の高鳴りは私のものじゃないと感じているクレアですが、本当にそうでしょうか。実は…とかありそうですね。

最後に出てきたクレアに似た男。多分彼女に呆れて出て行ったという弟でしょう。

←前回 今回 次回→
第7話 第8話 第9話

>全話ネタバレ一覧はこちら

 

-韓国漫画ネタバレ