韓国漫画ネタバレ

【ネタバレ17話】余命僅かな悪女にハッピーエンドをの最新話のネタバレと感想!

ピッコマで公開されている「余命僅かな悪女にハッピーエンドを」のネタバレと感想になります。

あらすじ」や「漫画や小説の先読み方法」はこちら!

←前回 今回 次回→
第16話 第17話 第18話

>全話ネタバレ一覧はこちら

「余命僅かな悪女にハッピーエンドを」の漫画は「ピッコマ」で公開されています。


【17話】ネタバレ

ノーベンの悪事

クレアが伯爵邸を空けていた間、執事のノーベンは勝手に伯爵家のお金を使っていた。

そして処分されたであろう帳簿や書類をクレアはノーベンに要求する。

ノーベンは、これで全部ですと言って差し出すが、今は帳簿を見ている場合ではありませんと誤魔化そうとする。

パンが最近全然働かないのだと話を逸らすが、クレアには通用せず、パンは奴隷じゃないからあなたは気にしなくていいと彼女は言い返す。

そしてまたノーベンは先日イクリプスが家に来たこと、元侍女のエミリーに関する書類を出すよう言ってきたことを話し始めた。

イクリプスはクレアを毒殺しようとしたエミリーを逃したことを怒っていたのだと。

そしてもうリノ家の一員でもないのにとノーベンはイクリプスの悪口を言う。

その言葉に耐え兼ねたクレアが、私はイクリプスがリノ家の一員じゃないと言ったことはないけど?と凄むのだった。

怒るクレア

イクリプスを侮辱するノーベンに対してクレアは、じゃあ聞くけどどうしてエミリーを逃がしたの?とノーベンを問い詰める。

クレアの記憶の中にわずかに残っているが、彼女を毒殺したエミリーを逃がしたのはノーベンなのである。

動揺するノーベン。

そしてクレアは彼に今すぐ出て行くように命令するが、彼は聞き分けが良くないようで抵抗する。

私がいない間に家の当主に成りすました貴族詐称剤か、リノ家の財産を勝手に使った横領罪か、それとも私を毒殺した侍女を逃がした殺人幇助罪か。

どの罪名で牢屋にぶち込めばいいのかしらと詰め寄るクレア。

それでも抵抗するノーベンに、クレアは思わず手が出て、彼の頬をバチンとはたいた。

彼女の手首は急な衝撃に耐えきれず骨にひびが入り、体力が減少して、ついに吐血してしまうのだった。

万病に効く薬

クレアは倒れながらも、今すぐ出てってとノーベンに警告するが、彼は出て行こうとしない。

そこに、さっさとうせろって言ってるだろ!?という人物が。

それはイクリプスであった。彼の登場にノーベンは尻尾を巻いて逃げいて行く。

ここにはどうして来たの?と聞くクレアに、イクリプスは何かを取り出して彼女に手渡した。

イクリプス曰く、それは万病に効く薬だというのだった。

【17話】感想

前の話から初登場した執事のノーベンですが、ただの悪い奴ですね。イクリプスが現れて、ノーベンを追い出してくれてスッキリしました。

またイクリプスがクレアに手渡した万病に効く薬とは一体何なのでしょうか。本当にそんなものがあるのか、続きが気になるところです。

←前回 今回 次回→
第16話 第17話 第18話

>全話ネタバレ一覧はこちら

 

-韓国漫画ネタバレ

Copyright © ハンタメ , 2020 All Rights Reserved.