韓国漫画ネタバレ

【ネタバレ13話】余命僅かな悪女にハッピーエンドをの最新話のネタバレと感想!

ピッコマで公開されている「余命僅かな悪女にハッピーエンドを」のネタバレと感想になります。

あらすじ」や「漫画や小説の先読み方法」はこちら!

←前回 今回 次回→
第12話 第13話 第14話

>全話ネタバレ一覧はこちら

「余命僅かな悪女にハッピーエンドを」の漫画は「ピッコマ」で公開されています。


【13話】ネタバレ

皇帝の前で

久しぶりだなリノ伯爵代理。

シーノルドは笑顔でそう声をかけてくる。

体力の関係で挨拶をしなくていいとアイザックに言われていたクレアだが、本人を目の前にして挨拶しないわけにはいかないと思った彼女は、必死の覚悟で身をかがめて挨拶をする。

すると彼女の体に異変が。1時間以上足への圧迫が続いて血液の循環が悪くなり、足の痺れが起こり始める。

そしてこれから30分間立っていることが出来なくなるのだった。

陛下の前で倒れこむクレアに、アイザックは優しく声をかける。

辛くなったらすぐに言えと言ったじゃないか!と。

アイザックはクレアの体調が悪いからと場所を変えることをシーノルドに提案し、彼女を抱きかかえて運んだ。

人々の視線は彼らに集まり、これ以上目立ちたくないよお!とクレアは思うのだった。

クレアへの誤解

場所を移動してもクレアのことをすごく心配している様子のアイザック。

シーノルドは、アイザックにこんな一面があったとは!と意外に感じている。

そしてそんな様子を見ているエピオール皇太子とリリー皇太子妃は、自分たちの目を疑っていた。

嘘でしょ…あれがあのクレア・リノ?

悪女で有名な彼女はきっと何か企んでいるに違いない。リリーはそう思うのだった。

アイザック、クレア、そしてシーノルド、エピオール、リリーらが一つのテーブルを囲みお茶を飲む。

すると突然クレアが、私が皇太子殿下を好きだったという噂がありますがそれは誤解ですと口を開いく。

私は前からずっとアイザックのことが好きでしたと言って彼に寄り添うのだった。

複雑な気持ち

皇太子が好きだという噂は誤解だと主張するクレアに、そなたが言い寄って来たのを覚えているぞとエピオールは反論する。

しかし彼は自意識過剰で、前のクレアの発言を勘違いしていただけだったようだ。

クレアは、アイザックと幸せな結婚生活をしたいからつまらない誤解に振り回されたくないときっぱり言い切るのだった。

そんなことを話す彼女の横顔を、アイザックはまじまじと見ていた。

一体どこまでがそなたの本心でどこまでが嘘なんだ?と彼は思う。

またシーノルドがまもなくわしにも孫が出来そうだなと言って笑う。

血縁的な孫ではなく、アイザックを息子のように可愛がってきたから、彼の子供は孫のようなものという意味である。

その話を聞いたとき、クレアはふと複雑な気持ちになった。

半年間だけの契約だから子供のことなど考えたことがなかった。私はアイザックには相応しくない。いつか消えてしまう出会うはずのなかった存在。

彼女はそう感じるのだった。

【13話】感想

あまりにもアイザックが優しいので、クレアもこれからますます複雑な気持ちになってしまうのではと感じてしまいます。

本当に彼のことを好きになってしまったら辛いでしょうね。

またエピオールやリリーからの誤解は無事解くことが出来たのでしょうか。そこらへんも気になるところです。

←前回 今回 次回→
第12話 第13話 第14話

>全話ネタバレ一覧はこちら

 

-韓国漫画ネタバレ