韓国漫画ネタバレ

小説の中の悪女皇帝になった【9話】最新話のネタバレと感想!

ピッコマで公開されている「小説の中の悪女皇帝になった」のネタバレと感想になります。

あらすじ」や「漫画や小説の先読み方法」はこちら!

←前回 今回 次回→
第8話 第9話 第10話

>全話ネタバレ一覧はこちら

「小説の中の悪女皇帝になった」の漫画は「ピッコマ」で公開されています。


【期間限定】今だけ無料で読める人気漫画

読みたい漫画をクリック!


【9話】ネタバレ

フェリックスの魔法

ユリアにフェーズ公爵の監視と彼に繋がる連絡の遮断を命じられたフェリックス。

お安い御用です!と答えると、魔法のペンを走らせ魔法陣を出現させるのだった。

ユリアは彼にもう1つお願いをした。

幽閉塔にまだ閉じ込められている者たちのため、彼らの濡れ衣が晴れるまであそこの天気を安定させて欲しいと。

フェリックスは「はい!」と答え、妙に張り切っているようであった。

それもそのはず。彼はフェーズ公爵を最も嫌っていたのだ。

貪欲で無能な上に、皇帝の権限も狙っていたからだ。

彼はユリアの最も信頼する人がユーストであることには、不愉快だが認めることはできた。

でもフェーズ公爵のことはゴミのような人間だと思っていたのだった。

そんなに憎んでいたにもかかわらず、今まではユリアが彼の肩を持っていたため簡単に口を出すことができなかったのだ。

今のユリアは彼を切り捨てる計画を練っており、フェリックスはそれにはしゃいでいるのだった。

フェリックスは、陛下!他にやることはありませんか?とキラキラした笑顔を向けてくる。

ユリアは、フェーズ公爵の書類から間違った内容を探し出すように頼み、自らも書類に目を通し始めるのだった。

"まずはベヌース伯爵を釈放できる資料を見つけないと"

一杯のお茶

ユリアは1枚の書類を机にたたきつけると、ベヌース伯爵は証拠不十分で釈放すると言い放った。

ユリアは苛立っていた。

フェーズ公爵の膨大な書類が、無駄に長ったらしい文章で典型的な無能人間のやるようなことであったからだ。

そこにフレーナがやってきて、少しお休みくださいとお茶を差し出した。

ユリアが、これは久しぶりだなとお茶を口にすると、フレーナはお口に合いますか?と緊張した様子で見守った。

このお茶は2年前までユリアが作戦を練りながら楽しむチーナ茶であった。

爽やかな香りで頭を軽くする効果があるが、加工を間違えば吐き気がするほど苦い味になる扱いが難しいお茶であった。

フレーナはユリアのために、手間をかけてこの一杯のお茶をいれてくれたのだ。

ユリアはチーナ茶を味わいながら、お前の茶が口に合わないはずがないと言うのだった。

ユーストの困惑

コンコン。

そこに近衛兵隊長のユーストが現れた。

ユリアは来たかと言うと、彼に座るよう促した。

ベヌース伯爵の釈放命令を下したことについて、何を考えているのですか?と言うユースト。

ユリアは、フェーズ公爵の資料が証拠不十分だったからだと返答する。

本当にそれだけの理由ですか?と尋ねるユースト。

暴君に変わってしまったユリアであれば、こんなことをするはずがない。

ユーストは予想外のユリアの行動に混乱していたのだった。

彼が苦しんでいるのはわかる。

でも残された時間はあと2日。どんな手を使ってでも生き延びて見せないと、とユリアは心に誓うのであった。

【初回30日無料】Kindle Unlimited読み放題の人気漫画

読みたい漫画をクリック! 登録はこちら

>「Kindle Unlimited」の登録方法
>一気読みできるファンタジー漫画

【9話】感想

フェリックスが魔法を使えるのは、本当に心強いですね!彼がいたら怖いもの知らずなのでは?と思ってしまいます。

ユーストが久しぶりに登場しました。急に変わったユリアに彼は困惑してしまいます。私としては、信頼を取り戻しユリアを慕う彼が早く見たいのですが、それはまだまだ後のことなのでしょうか。

←前回 今回 次回→
第8 第9話 第10話

>全話ネタバレ一覧はこちら

【初回30日無料】Kindle Unlimited読み放題の人気漫画

読みたい漫画をクリック! 登録はこちら

>「Kindle Unlimited」の登録方法
>一気読みできるファンタジー漫画

 

-韓国漫画ネタバレ

Copyright © ハンタメ , 2020 All Rights Reserved.