韓国漫画ネタバレ

小説の中の悪女皇帝になった【8話】最新話のネタバレと感想!

 

ピッコマで公開されている「小説の中の悪女皇帝になった」のネタバレと感想になります。

あらすじ」や「漫画や小説の先読み方法」はこちら!

←前回 今回 次回→
第7話 第8話 第9話

>全話ネタバレ一覧はこちら

「小説の中の悪女皇帝になった」の漫画は「ピッコマ」で公開されています。


【8話】ネタバレ

休暇命令

ユリアは、ならばこの場で受けて立とう!私はここから逃げはしない!と凄んだ。

彼女の気迫に圧倒されたフェーズ公爵は、出来すぎた真似をしましたと跪き謝罪をした。

そして内心では、くそ!いつのまに正気に戻ったんだと悔しがるのであった。

彼の土下座する姿に、"今はこの辺にしておこうか"と思ったユリアは、たしかにお前は最も忠誠心の高い部下であるなとフォローをし、ただからかってみただけだと笑った。

そして今まで苦労をかけたからと、3日の休暇と褒美を与えると告げた。

"とにかく彼が休んでいる間に準備をしないと"と考えるユリアは、頼りにしていると言い残すとその場から立ち去った。

準備開始

部屋から出て、廊下を歩くユリアはイライラしていた。

フェーズ公爵と顔を合わせている時間が長かったからだ。

自室に戻ったユリアは、フレーナに他の侍女たちと共にフェーズ公爵の執務室にある書類をすべて持ってくるよう命じた。

快く引き受けてくれる彼女を見て、彼らが従っているのは本当のユリアではないことに罪悪感を感じてしまう。

"だからこそ頑張らないと"と意気込むユリアは、今度は近くにいた侍女に今回の処刑の書類を持ってくるよう命じた。

次はフェリックス…とユリアが言うと、彼は小動物かのように笑顔で「はい!」と答えた。

そんな彼を見てかわいいと思うユリア。

オレンジ色のくせっ毛に黒い瞳を持つフェリックスは、ユリアを見つめるたびに目をキラキラさせていた。

彼女に憎まれることを恐れ、いつも自分は害がない存在であるかのように。

そんなフェリックスも、ユリアや使用人たち以外への者には容赦をしなかった。

以前、ユリアに無礼な態度を働いた貴族には、魔法を使い地獄のような悪夢を見せたのだった。

本来、いくら皇帝の側近とはいえ貴族に手を出したら処罰される。

しかしフェリックスの報復を恐れて、これについて触れる者はいなかった。

ユリアは「フェリックス」と呼ぶと、フェーズ公爵の監視と彼に繋がる連絡の遮断を命じた。

フェリックスは魔法のペンを取り出すと、お安い御用です!と笑顔で答えるのだった。

【8話】感想

ユリアに振り回されるフェーズ公爵が滑稽でおもしろかったです。ユリアに3日間の休暇を与えられたフェーズ公爵は、果たして大人しくしているのでしょうか。

小動物のようなかわいさがあるフェリックスですが、未来の大魔法師としての実力も兼ね備えているところがかっこいいですね。

彼がこれからどうやって活躍していくのか、次回も楽しみです!

←前回 今回 次回→
第7 第8話 第9話

>全話ネタバレ一覧はこちら

「小説の中の悪女皇帝になった」の漫画は「ピッコマ」で公開されています。

 

-韓国漫画ネタバレ

Copyright © ハンタメ , 2020 All Rights Reserved.