韓国漫画ネタバレ

【ネタバレ6話】冷血皇子と捨てられた王女の最新話のネタバレと感想!最終話の結末まで更新

ピッコマで公開されている「冷血皇子と捨てられた王女」のネタバレと感想になります。

あらすじ」や「漫画や小説の先読み方法」や「みんなの感想・レビュー」はこちら!

←前回 今回 次回→
第5話 第6話 第7話

>全話ネタバレ一覧はこちら

「冷血皇子と捨てられた王女」の漫画は「ピッコマ」で公開されています。

【6話】ネタバレ

部屋にやって来たのは

アレクシアが新しい自分の部屋にいると、何者かが訪ねてきた。それは医者のハンス。

彼は以前アレクシアが頼んでいた薬草学の本を持って来てくれたようだ。そしてその本に書いてある内容をアレクシアは全て覚えており、ハンスは少し驚いている様子である。

またハンスは彼女に伝えたいことがあるようで、薬を作ることに興味があればいつでも診療室に来てくださいと言ってくる。

そんなハンスのことを、本当に面白い人ね…と思いながら、アレクシアは微笑んでいるのだった。

彼には違う運命に

アレクシアがテラスで一人過ごしていると、ちょうどそこにテルビオンがやって来て話かけてくる。

彼はそこでアンザークの方向を眺めるために来たようだ。そこまでアンザークが憎いのかと思ったアレクシアだが、彼にとってはそれがただ長年の習慣なのだと。

そしてアレクシアは彼をみてふと思ったことがあった。

彼女の知る限り彼は愛を知らない人間であり、幼いころから生きるために人を殺して来たのだから、きっと寂しく辛かったに違いないと。

そのような同情心もあり、今回の人生では違う運命であってほしいと彼のことを思うのだった。

それから部屋にあった誰のものか分からない服についてアレクシアが尋ねると、彼はクルッとそっぽを向き、誰のものでもないから着ないなら捨てろ!と言ってくる。

つまり着ろってことよね…?とアレクシアは思うのだった。

テルビオンとハスターの手合わせ

部屋に一人でいるアレクシアのもとに、カリアスがやって来て、散歩に行きませんかと誘ってくる。

彼女はルベンの一件もあって、アレクシアの護衛担当に任命されたのだとか。

天気が良いからということでカリアスに部屋から連れ出されると、ハスターと殿下が手合わせしてるらしいぞ!という声が聞こえて来る。

興味本位でアレクシアもカリアスと一緒に見に行くことにするのだった。

カリアスに案内されて訓練場に入ると、ワーワーと盛り上がっている人混みの中心には剣を交えるテルビオンとハスターの姿が。

テルビオンはアレクシアが入ってきたことに気づき、ギロッと睨んでくる。

彼女はビクッとして、なぜそのような目で睨んでくるのかと少し戸惑った。

ハスターは今日負けたらテルビオンに96戦96敗であり、殿下をぶっ倒せ!と周りも煽っている。

だがやはり実力は遠く及ばないようで、魔力を使うテルビオンにあっさりと負けてしまうのだった。

戦いを終えたテルビオンがアレクシアのもとに歩み寄って来ると、アレクシアは彼の手を見て驚いた。

その手には以前怪我した時に彼女が手当てしてあげたリボンがそのまま巻かれているではないか。あれからずっと取ってないの?とアレクシアは驚く。

そんなことを思っていると、どうしてお前がここにいる?とテルビオンが怖い顔で詰め寄って来るのだった。

皆の前での宣言

アレクシアに詰め寄るテルビオンだが、私がお連れしたのですとカリアスは間に入ってくれる。

勝手な行動をしたカリアスには罰を与えると言うテルビオン。

しかし今度はアレクシアが間に入り、私が案内を頼んだのですと彼女のことを庇った。

ただ彼女は控えめであり、自分には女主人のように振る舞う資格はないと謙遜すると、お前に資格がなければ一体誰に資格がある?とテルビオンは言う。

どうやらテルビオンはアレクシアには自分の婚約相手としての資格を認めているようだ。

お前たちよく聞け!こいつは俺の婚約者のアレクシア・アンザークだ!指一本触れたらただじゃ済まないぞ!

彼はそのように訓練場にいる者たちに高らかと宣言し、その場にいる者たちは皆ざわつくのだった。

勘違い

自分の部屋に戻ろうとするテルビオンを、アレクシアは追いかけて呼び止める。

そして勝手な行動をして手合わせを見に行ってしまったことを謝罪した。

お前はアンザーク王の娘だから訓練場に来てはならないと改めてテルビオンが忠告すると、私は何も盗めません…!と弁解するアレクシア。

剣術や武器、城の構造や人の名前など、敵の情報を盗もうとしていると思われたと感じたのだ。

しかしそれはアレクシアの勘違いであり、テルビオンはそのようなことは全く思っておらず、単にアレクシアのことを心配していたのである。

この間彼女がルベンに襲撃されそうになったこともあり、特に訓練場などは彼女にとって危険な場所だとテルビオンは考えていたのだった。

テルビオンの予想外の考えにアレクシアは戸惑いながらも、2人はそこまででひとまず話を終えることに。

去り際にリボンのことを聞くと、まだ傷が治ってないだけだ…とテルビオンは気まずそうに答える。

ハルベンキアには殿下を治療する人はいないのかしら…?と思ったアレクシアだが、それでも何だか嬉しいのだった。

【6話】感想

いつの間にかテルビオンはアレクシアに何か特別な感情を抱いているようです。彼女の身を案じて訓練場に来るなと言ったり、リボンを巻いたままにしていたりと。

心が動く描写が今までほとんどなかったように思えましたが、本当にいつの間にかという印象ですね。

そしてアレクシアのほうも、リボンを巻いててくれて嬉しいと感じていました。やはりテルビオンに惹かれ始める前兆って感じですかね。笑

これからの2人の関係がどうなっていくのか楽しみです。

←前回 今回 次回→
第5話 第6話 第7話

>全話ネタバレ一覧はこちら

-韓国漫画ネタバレ