韓国漫画ネタバレ

【5話ネタバレ】お兄様を誘惑するつもりだったのに!最新話のネタバレと感想!

ピッコマで公開されている「お兄様を誘惑するつもりだったのに!」のネタバレと感想になります。

あらすじ」や「漫画や小説の先読み方法」はこちら!

←前回 今回 次回→
第4話 第5話 第6話

>全話ネタバレ一覧はこちら

「お兄様を誘惑するつもりだったのに!」の漫画は「ピッコマ」で公開されています。


【5話】ネタバレ

食い下がるクララ

クララの前の現れたのは、アルバ公爵家の令嬢マルティナ。

バスティアンの妻の座を狙っている王妃候補である。

クララはマルティナの侍女マリーが自分を無視したことについて、マルティナに問うていた。

マルティナは、マリーが王女に気づかなかっただけではとクララを軽視したような態度をとってくる。

原作でもマルティナはクララのことをあからさまに見下していたのだ。

国王に会いに行く途中だからと言って話を切り上げようとするマルティナだが、クララは引き下がらない。

どうせ陛下が呼んだわけじゃないんでしょ?と。

そしてマリーを罰するように言う。

王女を軽視した罰

王女である自分を無視した罪をマルティナの手で罰するように要求すると、マルティナも最初は拒絶していたが、詰め寄るクララに従ってやむなくマリーの頬をはたいた。

しかしさらに強気に出るクララ。

これだけでは足りないと言い、マリーに顔を近づけて脅しかける。

もし国王に同じ過ちを犯したらどうなるかしら?と。

残酷な刑罰の内容を口にすると、マルティナもマリーも明らかに驚き動揺する。

そしてマルティナよりも私のほうが地位が高いから許しを請う相手は私でしょ!とマリーに叱咤するクララ。

マリーは必死に許しを請うが、クララは許すことなく、その後もマルティナにマリーのことを叩かせるのだった。

これからはもう少し礼儀をわきまえてねと言い残しクララは立ち去った。

クララの本心

彼女がいなくなった後、マルティナはひどく苛立っていた。

後ろ盾もない卑しい王女の分際で!と。

そしてあの手で仕返ししてやる、と何かを思いつき、ニヤッと笑うのだった。

一方その場を立ち去り歩いていたクララは気分が晴れずにいた。

きっとあの侍女も痛かっただろう。こんなやり方で認めてもらわないといけないなんて…

それに見方が一人もいない私がいつまで強がっていられるのか…

そう思いうつむいていたところ、何をしてるんだ?と声をかけてくる人の姿が。

それはバスティアンであった。

【5話】感想

マルティナとは腹立たしい令嬢ですね。漫画でよくいる主人公に嫌がらせしてくる性格の悪い嫌なヤツの典型ですね。笑

しかしマルティナも何か仕返ししようと企んでいましたが、一体何をしてくるのでしょうか。

クララには負けずに頑張ってほしいです。

←前回 今回 次回→
第4話 第5話 第6話

>全話ネタバレ一覧はこちら

 

-韓国漫画ネタバレ