韓国漫画ネタバレ

【11話ネタバレ】お兄様を誘惑するつもりだったのに!最新話のネタバレと感想!

ピッコマで公開されている「お兄様を誘惑するつもりだったのに!」のネタバレと感想になります。

あらすじ」や「漫画や小説の先読み方法」はこちら!

←前回 今回 次回→
第10話 第11話 第12話

>全話ネタバレ一覧はこちら

「お兄様を誘惑するつもりだったのに!」の漫画は「ピッコマ」で公開されています。


【11話】ネタバレ

ダニエル皇子の問題

今の私は迷惑なだけ…この状況を変えなくちゃ!

これからはみんなから認めてもらえる存在になってやる!

クララはそのように心を決めるのだった。

一方荒れて空気が重くなった予算会議で、周りの者はバスティアンの顔色をうかがっていた。

最後の議題に、一人の者がダニエル皇子に関する話題を出す。

ダニエルはずっと監禁状態にあり、彼が生きているのかさえ疑っている人々が多くいる。

彼は帝国との関係改善に役立つ人物なので、もっと外で活動させてはどうですかと提案したのだ。

その者はバスティアンの前で失言したら殺されると思いながらも、勇気を出してそのように発言すると、周りの者も同じく冷や汗をかきながら同意見ですと同調する。

次々と賛同の声が上がり、顔色が曇っていたバスティアンも少し話を聞き入れることに。

思い返せばクララも同じようなことを言っていた。ダニエルを正式な貴賓として接する方が良いと。

バスティアンはとりあえず考えてみると言い、その日の会議を終えた。

会議の参加者たちはバスティアンの気を逆撫でることなく無事帰れることに安堵していた。

バスティアンの悩み

会議終了後、クララがバスティアンの元を訪れる。

顔色の優れない彼を見て、クララはちゃんと睡眠をとるようにと言って寝室に連れて行くのだった。

初めて国王の寝室に入り、さすがに王の寝室は全然違うのね!とその豪華さに驚くクララ。

早速バスティアンはベッドに横たわり、早く俺を寝かしつけろと言ってくる。

子守唄でも歌いますか?とクララが提案すると、バスティアンはネルハ皇帝が目覚めると思うのか?と急な話をしてきた。

彼はダニエルの問題について考えており、ただで開放もしたくはないが無視もできないと頭を悩ませていたのだ。

その話を聞いたクララは、バスティアンは態度が横柄なだけで、独断で国を危機に陥らせるような人ではないのねと思う。

原作の中のクララもバスティアンとちゃんと話をすればよかったのにと。

そしてクララは自分が解決方法を考えると言う。

ダニエルの問題を解決しながら、自分自身の問題にも役に立てば…

そう考え、お茶会を開いてダニエルをそこに招待してはどうかと提案した。

しかしバスティアンはもう寝ていたのだ。普段は寝れないのに、今はこれほどまでに寝つきがいい…

もしかして自分は人間睡眠薬なのでは?と冗談半分にもクララは思い、寝室を後にするのだった。

クララのやるべきこと

バスティアンの悩みを聞いているうちに、何をするべきかが心が決まったと思いある場所へ向かうクララ。

それはダニエルの部屋である。

彼と顔を合わせたクララは、今日はお話がありますと微笑む。

そして、それは私の地位を固めること!と心の中で思うのだった。

数日後、モンテス伯爵の邸宅。

セシリアという令嬢の元には宮殿で開かれるお茶会への招待状が届いていた。

クララが彼女を招待したのである。

【11話】感想

普段寝れないバスティアンですが、せめてクララといるときだけでもすぐに寝付けるのは良かったですね。

横柄なだけで愚かな人物ではないということで、兄妹の力を合わせて上手く国を治めてほしいところです。

そしてクララが考えている計画が一体何なのか気になりますね。

←前回 今回 次回→
第10話 第11話 第12話

>全話ネタバレ一覧はこちら

 

-韓国漫画ネタバレ