韓国漫画ネタバレ

雲が咲かせた花【78話】最新話のネタバレと感想!

 

LINEマンガで公開されている「雲が咲かせた花」のネタバレと感想になります。

あらすじ」や「漫画や小説の先読み方法」はこちら!

←前回 今回 次回→
第77話 第78話 第79話

>全話ネタバレ一覧はこちら

「雲が咲かせた花」の漫画は「LINEマンガ」で公開されています。


【78話】ネタバレ

士文の処遇

紅蓮は、士文が白斗の剣を持っている理由を問い詰める。

士文曰く、初めは試しに剣を一振りするだけのつもりでいたのだが、誤って落としてしまい壊してしまったのだと。

最初は事実を話して謝罪しようと思っていたが、思わず嘘をついてことが大きくなってしまったらしい。

そして修理してから謝ろうと思って店に来ていたのだという。

その話に紅蓮は、剣を治しに来たということは謝罪の意思があるということを信じて、猶予を与えると言う。

決心がついたら自分の口で事実を話し、謝罪するようにと。

本当に処罰なしで帰してよかったのですかと風濤が聞くと、処罰することだけが正しいわけではないからと紅蓮は答えるのだった。

そして紅蓮は本題に入る。

職人に対して、必要なものは何でも揃えるから全身全霊をかけて最高の剣を2本作ってほしいと依頼した。

士文に猶予を与えた理由

帰り道、風濤は士文に処罰が下されなかったことに納得いかない様子であった。

それに対し紅蓮は風濤のせいでもあると言う。士文を見ていると小さい頃の風濤を思い出してしまうのだと。

また士文の兄の文蔵から聞いた話では、死別した前妻の長男である文蔵が次期領主としての地位を脅かされてた際、現妻の息子である士文は兄を守るためにわざと不謹慎な振る舞いをしているのだと。

そのような背景もあり、紅蓮は士文のことはひどく叱りたくないのだと言う。

雲濤と遭遇

そのようなことを話していると、紅蓮らはたまたま雲濤と出くわす。そして雲濤は、声をかけてもらえればご一緒したのですがと。

自分の最も重要な任務は女王様の補佐をすることなのでと言うと、紅蓮はこれからは雲濤にも声をかけるわと言うのだった。

そして雲濤は紅蓮が疲れているだろうと気遣って、自分は風濤と一緒に帰りますと言いその場を後にする。

風濤はまた少し意味深な表情を見せ、雲濤について行くのだった。

【78話】感想

また少し風濤が意味深な表情を見せていたが気になってしまいます。ちょっと悲し気でもありますね。何を思っているのでしょうか。

また士文に甘い対応をしている紅蓮は、少し昔の穏やかな人柄に戻っているのかなという印象を受けました。もしかしたら白斗の影響もあるのかもしれませんね。

←前回 今回 次回→
第77話 第78話 第79話

>全話ネタバレ一覧はこちら

「雲が咲かせた花」の漫画は「LINEマンガ」で公開されています。

 

-韓国漫画ネタバレ

Copyright © ハンタメ , 2020 All Rights Reserved.