韓国漫画ネタバレ

雲が咲かせた花【75話】最新話のネタバレと感想!

LINEマンガで公開されている「雲が咲かせた花」のネタバレと感想になります。

あらすじ」や「漫画や小説の先読み方法」はこちら!

←前回 今回 次回→
第74話 第75話 第76話

>全話ネタバレ一覧はこちら

「雲が咲かせた花」の漫画は「LINEマンガ」で公開されています。


【75話】ネタバレ

父の企み

天馬家の本家から都へ向かう道中、雲濤は風濤から父の企みを聞き出そうとしていた。

知っていることを全て話せと高圧的に要求する。

風濤も今の職位は兄のおかげだから恩返ししなければと、知っていることを話し始めた。

まずは紫亜が生きているということ。

これについては風濤が想像していたよりも雲濤が驚くことはなく冷静であった。

雲濤はそのことに薄々感づいていたと言い、おおかた章の所にいるのだろうと言うこともわかっていた。

次に風濤は父の目的について、初めは海樹商団の財力を借りることが目的だったが、桁違いの富に欲望が募り、今では海樹商団の全てを手にしようとしているのだと言う。

そしてそのために紅蓮を女王の座から引きずり下ろし、紫亜を代役に立てるつもりであると。

雲濤は目を伏せ、自分が仮定した中で最悪の展開だと言う。

その兄の様子に風濤は意外であると言う。そばに置く人形が紅蓮女王だろうが紫亜王女であろうが、兄にとっては関係ないと思っていたからだ。

しかし雲濤は関係ないわけがないと言い切る。

女王様の代わりはいない。自分の人生で最も力を注いで培い咲かせた花であり、紅蓮の居場所は常に自分の隣なのだと。

それを聞いた風濤は、自分も小さい頃から知っている紅蓮のほうが良いと言い、父の企みを阻止するなら力を貸すと言って微笑むのだった。

士文の相手

紅蓮の元には白斗と眞白が訪れていた。

普段の護衛は1人だが、士文と喧嘩になるのを避けるために眞白は追い出され、白斗と共にこちらによこされたのだ。

紅蓮は白斗を見ていつもの剣を持っていないことに気づく。代わりに一般兵士たちがもつ剣を携えていた。

不注意で失くしてしまったのですと白斗が答えると、失くしたのではなく盗まれたのだと眞白が横から言う。

不確かなことを女王様に報告するべきではないと白斗が制止するが、結局詳細を説明し士文が怪しいということを紅蓮に伝えた。

そして眞白は士文と直接決着がつけられないことを残念がっている。

比武の勝ち抜き戦で決着をつける予定が、士文は眞白と当たる前に白斗と戦うことになってしまったのだ。

白斗が士文に負けるわけがないと言うことで、直接戦えないことを残念に思っているのだった。

【75話】感想

雲濤が隣にいる女王は紅蓮でなければだめだと、ここまではっきり断言したのは初めてですね。

感情をあまり表現しない雲濤ですが、きっと紅蓮に対しては特別な想いが芽生えているのかもしれないです。

ますます白斗との三角関係が気になってしまいます。

←前回 今回 次回→
第74話 第75話 第76話

>全話ネタバレ一覧はこちら

 

-韓国漫画ネタバレ