韓国漫画ネタバレ

雲が咲かせた花【74話】最新話のネタバレと感想!

LINEマンガで公開されている「雲が咲かせた花」のネタバレと感想になります。

あらすじ」や「漫画や小説の先読み方法」はこちら!

←前回 今回 次回→
第73話 第74話 第75話

>全話ネタバレ一覧はこちら

「雲が咲かせた花」の漫画は「LINEマンガ」で公開されています。


【74話】ネタバレ

和解の方法

親衛隊の集まりの場、眞白と士文はいつになくピリッとしていた。

前日に起きた白斗の剣を士文が盗んだ疑惑が原因である。

2人の個人的な理由で親衛隊の和を乱すことは許されないと璃月は言い、和解するように諭すが、どちらも譲るつもりはない。

さらには温厚な白斗まで、家門を辱められたということで先に謝罪をするつもりはないと言い張る。

そして親衛隊の一人の提案により、武術で決着をつけるということになった。

じきに行われる比武で負けたほうが潔く謝るというもの。

そしてそれには眞白が提案した負けたほうが親衛隊を出て行くという条件も加えられるのだった。

海樹商団との取引

濤武の元には己龍将軍からの使いが訪れ、絹などの最上品が引き渡されていた。

海樹商団との取引である。そして使いの者は取引の件について、進捗状況を濤武に問う。

最上品の献上などは紫亜を復権するという条件であり、まずは約束を守ってほしいと。

それに対し濤武は、まずは官僚たちを丸め込む必要があり、急いでは逆効果であるなどと言い、上手く己龍将軍に伝えるようにと使いの者を帰すのだった。

ちょうど雲濤がそこに向かっていると、濤武と取引していた帰り際の海樹商団とすれ違い、雲濤はその存在に気が付く。

そして雲濤は来年以降の日程を話し合おうと濤武の元を訪れるも、商団から受け取った品の片付けなどもあり、また後日にすることになる。

雲濤は王宮へ行くついでに風濤を連れて行くと言いうと、今日はやけに面倒見がいいではないかと濤武が少し驚いた表情を見せる。

近くの者に風濤を探させようとすると、ちょうど2人のところに風濤が現れるのだった。

【74話】感想

また濤武が雲濤の知らないところで、こそこそと動いていますね。厄介です。笑

紫亜を復権させるという計画は雲濤には内緒にしているはずですが、彼の耳に入った時に果たしてどう思うのでしょうか。

濤武の思い通りにはいかないことを願ってしまいます。

←前回 今回 次回→
第73話 第74話 第75話

>全話ネタバレ一覧はこちら

 

-韓国漫画ネタバレ