韓国漫画ネタバレ

雲が咲かせた花【72話】最新話のネタバレと感想!

LINEマンガで公開されている「雲が咲かせた花」のネタバレと感想になります。

あらすじ」や「漫画や小説の先読み方法」はこちら!

←前回 今回 次回→
第71話 第72話 第73話

>全話ネタバレ一覧はこちら

「雲が咲かせた花」の漫画は「LINEマンガ」で公開されています。


【72話】ネタバレ

初顔合わせ

謁見の間で紅蓮と眞白は顔を合わせる。眞白の横には白斗も付き添っていた。

紅蓮は眞白の剣の実力や人を率いる能力をすでに耳にしており、自分の補佐をしてほしいと言う。

眞白は少し間をおいて話始めた。

自分たちの家門は王家の剣。使い方によっては単なる刃物にも秘宝にもなり得る。

全ては女王様の導かれるままに成すでしょうと。

その言葉に、紅蓮は眞白という人物を見定めるように話を聞き入れ、眞白の言うことはきわめて的を得ていると褒めた。

会話もほどほどに、遠路の疲れもあるだろうと話をそこまでにして紅蓮は2人を下がらせた。

話を終え部屋に一人となった彼女は、比較的安らかな表情で落ち着いた様子でいるのだった。

眞白へのお願い

謁見の間を出た後、眞白は白斗にいくつか質問をした。

女王様は自分たちの家門を復権させるつもりなのか?白斗は自分達を女王様の後ろ盾にしたいのか?

白斗はいずれもその通りであると返答する。

しかしそれは自分の言葉で動くのではなく、眞白自身の判断で決めてほしいとも。

眞白に直接女王様がどういう人かを見定めて決定してほしいというのだ。

よほど女王様に夢中になっているのだなという眞白の言葉に、そのようなことは言うなと白斗が語気を強める場面も。

眞白は白斗のことを自身の欲望のために動いていると疑っているわけではないが、今は半信半疑であると言う。

そして女王様から人を率いるような気迫も大して感じなかったとも。

白斗がそれを否定することはなかったが、自分は女王様がこの国を正しい方向へ導いてくれると信じており、それを眞白にも直接見てほしいと繰り返した。

さらには女王様がこの国を治めるためなら自分の全てを捧げるとも付け加えてた。

その言葉を聞いた眞白は少しため息をつき、女王様はすでに素晴らしい剣を持っていると言う。それは白斗のことであろう。

白斗の熱意を感じた眞白はあの方と向き合ってみると答え、白斗もまた感謝を述べ微笑むのだった。

新たな親衛隊員

翌日、親衛隊と共に任務遂行することとなった眞白が親衛隊員と顔を合わせる。

お互いに軽く会釈し挨拶をかわす。

しかし親衛隊の中で士文は一人浮かない顔をしている。士文は白斗が親衛隊長をやっていたころに一番手を焼いていた隊員である。

璃月が親衛隊長になったことで白斗の家門は信頼を失ったものと彼は思っていたが、逆に1人増えたことに違和感を感じ、不安を感じていたのだ。

【72話】感想

今回紅蓮と眞白は初めて顔を合わせることとなりましたが、白斗の希望通り眞白は紅蓮の力になってくれるのでしょうか。

眞白は芯が通っていそうな人物なので、彼自身の目で紅蓮を認めるのかどうかが大きなポイントになりそうですね。

また親衛隊の中には相変わらず、白斗の家門を敵対視する者がいて、こちらでもまた何か問題が起きそうな予感がしてしまいます。

←前回 今回 次回→
第71話 第72話 第73話

>全話ネタバレ一覧はこちら

 

-韓国漫画ネタバレ

Copyright © ハンタメ , 2020 All Rights Reserved.