韓国漫画ネタバレ

雲が咲かせた花【63話】最新話のネタバレと感想!

LINEマンガで公開されている「雲が咲かせた花」のネタバレと感想になります。

あらすじ」や「漫画や小説の先読み方法」はこちら!

←前回 今回 次回→
第62話 第63話 第64話

>全話ネタバレ一覧はこちら

「雲が咲かせた花」の漫画は「LINEマンガ」で公開されています。


【63話】ネタバレ

紅蓮の笑顔

雲濤が紅蓮を発見する少し前の出来事、雲濤は行方不明の紅蓮を探す捜索隊を指揮していた。

捜索隊の一人が紅蓮らしき人物を発見したと璃月からの報告を受け、雲濤はすぐに紅蓮の元へ馬を走らせた。

そして紅蓮の元へ向かう途中、さまざまな考えを巡らせる。

紅蓮は元々ここまで無鉄砲ではなかった。

ここ最近の紅蓮の軽率な行動に父は腹を立てているし、そもそも白斗が紅蓮の前に現れてからろくなことが起きない。

単に昔の記憶を想起させているだけなのか?それとも幼稚な恋心を抱いてしまったのか?

そのようなことを考えていると雲濤は紅蓮と白斗の元へ到着。2人は風濤から借りた馬に乗り王宮へ帰る途中であった。

そして雲濤が初めに目にしたもの、それは白斗と楽しそうにしている紅蓮の純粋な笑顔であった。

雲濤の頭の中では紅蓮の小さかった頃の笑った顔がフラッシュバックするのだった。

引き離される2人

場面は雲濤が紅蓮をグイっと自分の胸に引き寄せたシーンに戻る。

紅蓮は予想外の出来事に少しの間戸惑うも、パッと雲濤の胸から離れた。

急に何をするの?

困惑した表情を浮かべる紅蓮に、既に婚礼の儀の日程も決まっていて縁定めしているではないかと言う雲濤。

紅蓮も結婚が決まっている以上それを拒む理由もなく。

その様子をそばで見ていた白斗は伏し目がちに悲しげな表情を見せるのだった。

まもなくして後から璃月が到着。

雲濤は捜索隊の指揮を璃月に任せ、紅蓮を連れて医者を待機させてある仮小屋へ向かった。

白斗は紅蓮の後を追いかけるべく馬に乗ろうとするも、璃月に呼び止められる。

女王に仕えている身として任務を全うするべく紅蓮について行くと主張するも、璃月は白斗が親衛隊長の立場をはく奪されるだろうと言った。

衝撃的な言葉に白斗は驚きを隠せなかった。

仮小屋へ向かう雲濤の馬の上で、紅蓮はついさっきの出来事を思い返していた。

雲濤のふところ

雲濤の胸に抱き寄せられたことだ。

雲濤があんなことをするとは…頭が真っ白になって何の言葉も出なかった。

昔の自分であれば幸せを感じたかもしれないが、今は違う。

そのようなことを考えていた紅蓮は今回の出来事について口を開いた。

これほど事を大きくして申し訳ないという謝罪の言葉に続けて、紫亜のことをどうしても確認しておきたかった為とも。

雲濤は、紫亜の件は自分が調査して報告すると言い、それから大雨の中で民家で一晩過ごした紅蓮の具合が心配であると労いの言葉をかけた。

今回の騒動の代価か、と心の中で思う紅明。

2人は医者の待機する仮小屋に到着し、早く診療を受けるよう紅蓮に促す雲濤。

もう惑わされない。雲濤の行動は全て計画の一部に過ぎないから深く考えるのはやめよう。

紅明はそう心の中で思うのだった。

そして、雲濤のふところが思いのほか暖かかったことも忘れよう…と。

【63話】感想

白斗と楽しそうにしている紅蓮を見た時の雲濤の表情はとても切なくなります。紅蓮が感じた雲濤のふところの暖かさは、雲濤の気持ちなのかもしれないですね。

一方で雲濤が紅蓮を抱き寄せた時の白斗の表情も非常に切なく、悩ましい場面の多い話でした。

←前回 今回 次回→
第62話 第63話 第64話

>全話ネタバレ一覧はこちら

 

-韓国漫画ネタバレ

Copyright © ハンタメ , 2020 All Rights Reserved.