韓国漫画ネタバレ

雲が咲かせた花【60話】最新話のネタバレと感想!

 

LINEマンガで公開されている「雲が咲かせた花」のネタバレと感想になります。

あらすじ」や「漫画や小説の先読み方法」はこちら!

←前回 今回 次回→
第59話 第60話 第61話

>全話ネタバレ一覧はこちら

「雲が咲かせた花」の漫画は「LINEマンガ」で公開されています。


【60話】ネタバレ

風濤との遭遇

夜が明け、民家から出てきた紅蓮。

先に外に出ていた白斗と顔を合わせ、彼の顔色が少し優れないことを気にする。

そこに離れ家に泊まっていた章がやって来て、2人の様子をうかがう。

紅蓮が昨日壊れた橋のほうへ向かおうとすると、章は見張りの者も反対側にいるため今出発しても問題ないと助言した。

紅蓮も章はの助言を聞きいざ出発しようとすると、ちょうど民家から出てきた風濤と鉢合わせる。

前日風濤は紫亜の元を訪れるべく、ここに来ていたのだ。

紅蓮がなぜ風濤がここにいるのかと問うと、風濤は一瞬戸惑いを見せたものの首を横に振る章と目配せをして、紅蓮を探しに来たからだと言う。

そして兄の雲濤が捜索隊を率いて探しているということも伝えた。

それなら急いで帰ろうとする紅蓮に、風濤は自分の馬を使ってくださいと提案する。

自分はゆっくり帰ればよいからと。

提案通り紅蓮と白斗は風濤の馬に乗り、王宮へ向け出発するのだった。

紫亜と天馬家の約束

2人の後ろ姿を見送った風濤はしばらくして、大きなため息をつく。

そんな風濤に章が不満げに口を開く。

これ以上ここを訪れないでと言ったはずだと、そしてあの子に無意味な希望を与えないでほしいと。

あの子とは紫亜のことである。

章は紫亜を元いた場所に戻してほしいと訴える。

生きているだけで奇跡なのにこれ以上欲を出しては…と話しているところ、建物の中から紫亜が出てきて話をさえぎる。

自分の問題であるから章は口を挟まないで言い、紫亜は風濤を中に招き入れる。

風濤が、なぜ紅蓮がここにいたことについてどういう状況なのか?と問うと、彼女たちがここに来たことには自分が一番驚いていると答える紫亜。

そして自分はうまく隠れていたため存在はバレていないとも。

また風濤が、雨乞いの儀式に行ったのは本当かと質問すると、紫亜は本当であると答える。

なぜそのような無謀なことをと頭を抱える風濤。

人目に付く行動はリスクを伴うが、どうせ今に会うのだからと紫亜は気にもしていない。

”今に会う”というのは、裏で動いている風濤とその父の計画で、雲濤と紫亜を引き合わせることを約束していたのだった。

【60話】感想

この話の最後に出てきた「雲濤と紫亜を引き合わせる」という風濤と父の計画の意図は一体何なのか。

紅蓮の知らないところで、紅蓮にとって良くなさそうなことが動き出しているのは間違いなさそうです。

また引き合わせるとされる雲濤はこの計画にどうかかわってきているのか、今後の展開が気になります。

←前回 今回 次回→
第59話 第60話 第61話

>全話ネタバレ一覧はこちら

「雲が咲かせた花」の漫画は「LINEマンガ」で公開されています。

 

-韓国漫画ネタバレ

Copyright © ハンタメ , 2020 All Rights Reserved.