韓国漫画ネタバレ

雲が咲かせた花【58話】最新話のネタバレと感想!

LINEマンガで公開されている「雲が咲かせた花」のネタバレと感想になります。

あらすじ」や「漫画や小説の先読み方法」はこちら!

←前回 今回 次回→
第57話 第58話 第59話

>全話ネタバレ一覧はこちら

「雲が咲かせた花」の漫画は「LINEマンガ」で公開されています。


【58話】ネタバレ

領主の助言

主君の行動が自分の信念に会わない場合はどうすればよいか相談した白斗は、主君に従うよう領主に助言を受けていた。

それを聞いて少し不服そうな白斗だったが、領主はそれがあくまでも自分のやり方であると付け加えて言う。

だから後悔のないよう白斗は白斗の信念を貫き通せばよいと。

白斗はその言葉に少し表情が明るくなるのだった。

白斗の信念

紅明と内官の者がもめていた。

祭祀には必ず参席しなければならないと言う内官に、自分が行く必要はないと拒む紅明。

そばでそれを聞いていた白斗は、祭祀に参席するよう紅明に進言する。

その言葉にイラっとした表情をする紅明だったが、白斗は領主に受けた助言の通り、自分の正しいと思う行動をとると決心していた。

祭祀の後、紅明はまだ怒っていた。

今までペコペコしていた白斗が突然自分の行動に口出しをしてきたからだ。

外国側から自分を後押ししている勇士将軍にこっそり奴隷を送ろうとしたときも、白斗は国王に報告すると言ってきたという。

紅明としては紅明を処刑したいが、天下一の剣士ということもあり国王のお気に入りでありそうもいかない。

それでも紅明は白斗をいずれ痛い目に遭わせてやると言うのだった。

白斗の選択は

ある日白斗の元に悲報が届く。

一門の領主が危篤状態になっていると報告が入ったのだ。戦いで負った傷が悪化したのだと。

すぐにでも一門の家に帰りたいところだが、翌日は紅明が他国の高官と話をつけたという狩猟大会が控えている。

そこで白斗は外出許可を得るべく、すぐに紅明の元へ相談しに行った。

事情を説明するも、他国との約束を破れば自分の面目が立たないと言い許可しない紅明。

白斗は困り果てていると、紅明は条件付きで家に戻ってもよいと言う。

それは自分が勇士将軍に奴隷を送ることに関して、国王に黙っておくようにというものだった。

結局白斗はその条件を受け入れなかった。領主から言われた通り自分の信念を貫いたのだ。

そのため当然領主の元へ帰ることは許されなかった。

白斗は2人目の母の最期を看取ることもできない親不孝者になったと、自分自身を嘆いたのだった。

【58話】感想

紅明の残忍さにだんだん腹が立ってきますね。改めて紅明が次期国王の座を引きずり落された過去の話を読み返すとスカッとします。笑

独りぼっちだった自分を引き取って育ててくれた領主を看取ることができず、白斗はものすごく悲しかったでしょうね。

←前回 今回 次回→
第57話 第58話 第59話

>全話ネタバレ一覧はこちら

 

-韓国漫画ネタバレ

Copyright © ハンタメ , 2020 All Rights Reserved.